栄光の歴史が変わっていたかも?今だから明かせるファーガソンのマンU就任秘話

栄光の歴史が変わっていたかも?今だから明かせるファーガソンのマンU就任秘話

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/10/12
No image

サッカー界の歴史が全く違ったものになっていたかもしれない。英『メトロ』によると、アレックス・ファーガソン氏はマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任する前、トッテナムと合意していたものの、最後の最後に断りを入れていたようだ。

「真実を話すが、私はアレックス・ファーガソンと契約について交渉をしていた」と語るのは、トッテナムの元会長であるアービング・スカラー氏。マーティン・リプトンの新しい著書『ホワイト・ハート・レーン――トッテナムの栄光の年』に、当時を回想した同氏のコメントが収められている。

「彼と私は長い間、細かいところについて交渉を詰めていた。私は彼に言ったよ。自分は古いタイプの会長であり、最も重要なのは、合意に至って握手を交わしたのであれば、どんな状況でもその約束を守るべきということをね。とはいえ、もうあの時には戻れない。終わったことだ」

トッテナムと合意しながら最後の瞬間で決断を変えたファーガソン氏は、1986年にユナイテッドの指揮官に就任し、2013年に監督業引退するまで27年間にわたって栄光を築いた。あの時トッテナムを選択していたとしたら、両クラブの歴史はどのように変わっていたのだろうか。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セクシー女優 ペップの“虜”
ロンドン金の元米体操選手、チームドクターからの性的被害告白
<サッカー>中国と韓国が親善試合を希望した国、結局選んだのは日本
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
元スポーツ選手の国会議員はこれだけ国会に送り込まれている
  • このエントリーをはてなブックマークに追加