最新ランキングをチェックしよう
筒井康隆も大ファンの“大泉洋”に騙された!?『罪の声』以上の傑作と絶賛!『大いなる助走』の“それ以後”を描いた 筒井康隆×塩田武士『騙し絵の牙』対談【前編】

筒井康隆も大ファンの“大泉洋”に騙された!?『罪の声』以上の傑作と絶賛!『大いなる助走』の“それ以後”を描いた 筒井康隆×塩田武士『騙し絵の牙』対談【前編】

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/12/07

小説のジャンルとスタイルの改革者・筒井康隆。出版界を舞台に、実在の俳優をあてがきした『騙し絵の牙』を8月31日に発表し、その新感覚小説に話題沸騰中の塩田武士。奇跡の作家対談が実現!

――お二人が初めて会ったのは、山田風太郎賞の選考会だと伺っています。
筒井 私は今、文学賞の選考委員を二つやっているんです。谷崎(潤一郎)賞ではその年の最先端の純文学を候補作として読んで、それから風太郎賞のほうでその

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
レジ横でバレる「貯められない人」の本性
隣家の“夜の営み”の声がうるさい...「一人暮らし」珍エピソード集
「アジア最高のバー50選」発表! 日本から8つがランクイン
正しい「膣ケア」で若返りも! 知っておきたい6つのポイントを産婦人科医に聞いた
さんまの“嫌なことの捉え方”に「格言や」「心に響いた」と感動の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加