藤沢の11位が最高 高橋14位&松永38位 全員入賞の50キロに続けず 男子20キロ競歩/世界陸上

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/14

陸上・世界選手権男子20キロ競歩(13日、ロンドン)バッキンガム宮殿前付近の周回コースで行われ、リオデジャネイロ五輪代表組で臨んだ日本勢は藤沢勇(29)=ALSOK=が1時間20分4秒の11位が最高で、入賞を逃した。高橋英輝(24)は1時間20分36秒で14位、松永大介(22)=ともに富士通=は1時間23分39秒の38位だった。

男子50キロではリオ五輪銅メダルの荒井広宙(29)=自衛隊=が3時間41分17秒で銀メダル、小林快(24)=ビックカメラ=が2秒差で銅メダルを獲得した。この大会の競歩では前回大会男子50キロの谷井孝行(34)=自衛隊=に続く表彰台で、日本勢の今大会の獲得メダルは男子400メートルリレーに続き3個となった。丸尾知司(25)=愛知製鋼=は5位に入り、全員が入賞した。

【5キロ】先頭が19分54秒で通過。日本勢は松永が1秒差の8位、藤沢が1秒差の9位、高橋が2秒差の14位で続く

【6・6キロ】藤沢が先頭集団を引っ張る

【9・9キロ】藤沢が先頭集団から抜け出す

【10キロ】藤沢が39分48秒でトップ通過。松永が2秒差の6位、高橋が3秒差の11位で続く

【11キロ】藤沢が2位集団に吸収される

【11・7キロ】先頭のボスワース(英国)が警告3回で失格

【12キロ】リンケ(ドイツ)が先頭集団を引っ張る

【12・9キロ】松永と高橋が先頭集団から遅れ始める

【15キロ】藤沢を含む先頭集団6人が59分33秒で通過、松永が14秒差の9位、高橋が17秒差の11位で続く

【16・2キロ】藤沢が先頭集団から遅れ始める

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
スマホを8の字に回すと何が起こる? その理由は
せっせとタオルを運んで、お昼寝の準備をする子犬 → 「こだわりの寝床」が完成した結果...( ̆ω ̆)♡
松田聖子が決して消せない神田沙也加の忌々しい記憶
【三重】危険すぎ。。新名神高速道路で「Uターン」する車が撮影される!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加