最新ランキングをチェックしよう
「ケガをするということは、まだ下手」体操・内村とフィギュア・羽生に共通する思考回路

「ケガをするということは、まだ下手」体操・内村とフィギュア・羽生に共通する思考回路

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

体操の内村航平(リンガーハット)は、個人総合の連覇が6で途切れた世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)で言った。「ケガをするということは、まだ下手だから」。予選の2種目目、跳馬で左足首を痛め、棄権に追い込まれた。
 同じ言葉をフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)も口にした。グランプリ(GP)シリーズのNHK杯を欠場。開幕前日、公式練習で右膝と右足首を痛めた。懸命に治療したが、本番の舞台には

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宮原 ロシア勢が刺激、高得点に照準 四大陸選手権24日開幕
田中刑事初練習で上々仕上がり「勢いは五輪に影響するので大事な試合」
坂本に新たな敵!?右足裏にできもの それでも軽やかジャンプ
宇野 4回転トーループ特訓、五輪プログラム不安要素解消へ
「日本は羽生結弦が欠場も宇野昌磨はあなどれない」=平昌五輪の前哨戦、四大陸フィギュアスケート選手権がいよいよ!―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加