チケット売買サイト「チケットキャンプ」がサービスを一時停止 商標法違反・不正競争防止法違反の容疑

チケット売買サイト「チケットキャンプ」がサービスを一時停止 商標法違反・不正競争防止法違反の容疑

  • BIGLOBEニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

画像は「チケットキャンプ」スクリーンショット

ミクシィは7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査を受けたとして、サービスを一時停止すると発表した。

画像をもっと見る

捜査を受けフンザは、「チケットキャンプ」での新規出品や新規会員登録、新規購入申し込みの一時停止を決定。7日以降、各機能の一時停止を速やかに進めるとしている。また、現時点で「チケットキャンプ」に出品済で取引が開始されていないチケットについては、「チケットキャンプ」側で出品取り下げの手続きを行う。サービスの再開時期は未定となる。

ミクシィは、この事態を厳粛に受け止めるとして、事実の確認と原因究明のため外部の弁護士を交えた調査委員会の設置を決定。委員会の構成や調査結果の公表日程などについては、決まり次第知らせるとしている。

容疑の詳細は明らかにしていないが、「チケットキャンプ」に対してはこれまでもチケット高額転売の温床になっているとの指摘が寄せられていた。チケットの不正購入や高額転売を巡っては、イープラスがSMS認証、チケットぴあが電話番号認証を導入。音楽業界は公式のチケットトレードリセール「チケトレ」を開設し、「ヤフオク!」は転売目的で入手したチケットを出品禁止物に指定している。「チケットキャンプ」も今月に入り、転売目的のチケット売買の規制強化を打ち出したばかりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸製鋼グループのコベルコ教習所で“手抜き講習” 受講者2万3千人が補講や追試へ
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
小池都知事、ゼネコンにも完全屈服...豊洲で入札改革中止、軒並み落札率99%
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加