中日・ジョーダン退団 残留一転...外国人投手2人の獲得にめどが立ち

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/06

中日がジョーダン・ノルベルト投手(30)と来季の契約を更新しないことが5日、明らかになった。当初は残留の方向だったが、外国人投手2人の獲得に一定のめどが立ったもようで方針転換。保留者名簿からも外れていた。

今季18試合に登板し、6勝4敗、防御率2・30。来季はローテの一角を担うと思われたジョーダンが急転、チームを去ることになった。中日の来季外国人選手は投手3人、野手3人を予定している。

西山球団代表が「2人順調にいっている」と口にしたように、ジョーダンより活躍できるとふんだ外国人投手2人と交渉が水面下で進んでいた。もう1枠は成長著しいキューバ出身の育成投手ライデル・マルティネス(21)の将来的な支配下選手登録を念頭に置く。

今後は友利国際渉外担当を10日から米フロリダ州オーランドで開かれるウインターミーティングに派遣。外国人投手2人の獲得へ交渉が大詰めを迎える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷がエンゼルスを選んだ「本当の理由」は? MLB公式サイトが“推測”も...
巨人坂本勇人「投手だったら今頃メジャーリーガ-」
大谷エンゼルス入団スピーチ まるでアカデミー賞
異例の公開入団会見を行う大谷はなぜエンゼルスを選んだのか?
大谷に沸くディズニーの街アナハイム!経済効果は日米で207億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加