新種のクリオネ 富山湾で発見 約100匹を採取

新種のクリオネ 富山湾で発見 約100匹を採取

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12
No image

動画を見る(元記事へ)

富山湾で新種のクリオネが発見されました。

去年8月、富山湾でクリオネのような生物が見つかったことから、富山大学などが7日と10日にプランクトン調査を行いました。その結果、富山湾の水深250メートルから1050メートルの5カ所で生きているものも含め、約100匹の新種のクリオネが採取されました。このクリオネは去年、オホーツク海で発見されたクリオネの一種と似ていて、サイズが5ミリ以下と非常に小さいのが特徴です。日本海は水深250メートルより深い所は水温2度以下と非常に冷たく、新種のクリオネはその環境下で生息してきた固有種の可能性があるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大和川の氾濫、多摩川での救助 Twitterに台風21号の被害写真あふれる トレンド全てが関連語に
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
2048年からやってきた「タイムトラベラー」が逮捕
60人いた女性が10人ほどに かつて“売春島”と呼ばれた渡鹿野島はいま
今週末ふたたび台風襲来か?米軍の予測がショック!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加