浦和・西川周作の「いつも通り」が勝因に。守護神のブレない信念が手繰り寄せた敵地での先勝

浦和・西川周作の「いつも通り」が勝因に。守護神のブレない信念が手繰り寄せた敵地での先勝

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/30
No image

浦和のGK西川周作【写真:田中伸弥】

浦和、敵地で先勝。GK西川の「いつも通り」のプレーが勝因に

浦和レッズは29日に行われたJリーグチャンピオンシップの第1戦で鹿島アントラーズと対戦し、1-0で先勝を収めた。試合の行方を左右したのは、浦和のGK西川周作のセーブだった。守護神の「いつも通り」の姿勢が決定的なセーブを生み出し、決勝点となったPKに繋がっている。このブレない信念こそが、今の浦和の強さを象徴している。(取材:舩木渉、ショーン・キャロル、チェーザレ・ポレンギ/文:舩木渉)

——————————

昨年とは違い、1点の重みを理解する両チームだからこそとも言える堅い試合だった。29日に行われた明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ決勝の第1戦は、浦和レッズがPKの1点を“守って”鹿島アントラーズに1-0の勝利を収めた。

ホームで失点したくない鹿島と、引き分けでも問題なかった浦和。今季からレギュレーションが変わり年間順位が上のチームが有利になったため、2試合で7ゴールが生まれた昨季のような点の取り合いは起こらなかった。

前半から決定機の数は少なく、結局は後半、興梠慎三がペナルティエリア内のボールに関係しない場面で西大伍に倒されてPKを獲得し、阿部勇樹が冷静に決めて浦和が先制すると、終盤の鹿島の猛攻を全員守備でしのいで勝ち切った。

こういった試合ではPKを獲得した興梠の動きや柏木陽介のクロスなどがフォーカスされがちだが、浦和の勝利を引き寄せた最大の要因はGK西川周作の「いつも通り」のプレーだった。

後半の51分、浦和は右サイドのビルドアップでもたつき、ミスを金崎夢生に引っ掛けられて鹿島にカウンターを浴びる。土居聖真のスルーパスに抜け出した遠藤康がGKと1対1の局面を迎えたが、利き足でない右足から放たれたシュートは西川が体を張って止めた。

「ああいう後に必ずチャンスが来るなと思っていた」

そう西川が語ったとおり、57分に阿部のPKで決勝ゴールが生まれた。そして西川のプレーは単なるスーパーセーブでは片付けられない、浦和のチーム全体がCS決勝に懸ける姿勢が結実したシーンだった。

「日頃の準備」がもたらした決定的なセービング

土居からスルーパスが出た瞬間、中央寄りに立っていた西川は素早く切り替えて左にポジションを取り直し、横へ移動しながら遠藤康との距離を詰める。パスを受けた選手の背後からは宇賀神友弥が懸命に戻り、切り返しに備えて内側のコースを消した。

「スルーパスに関して、遠藤選手と夢生選手が走っていたのもしっかりと確認していたので、慌てることなくとにかく間合いを詰めながら、後ろからディフェンスが追ってくれていた分いいプレッシャーになっていましたし、そこで動かなければとっさの判断だったので、チームを救えて本当に良かったと思います」と西川は振り返る。

左利きの遠藤が西川の前で切り返すことを想定しながら守備に走った宇賀神のポジショニングも功を奏した。「宇賀神選手の走りが遠藤選手にプレッシャーを与えていたし、自分もいいタイミングで寄せられていたので、彼(遠藤康)がゴールを見た時にはコースがなかったんじゃないかと思います。切り返してきたら宇賀神選手が間に合ったと思います」と、西川は味方の奮闘に感謝する。

「あそこは日頃の準備で意識していたことがしっかり出せたプレーだった」という西川の言葉通り、浦和の徹底した守備への意識がもたらした完璧な場面だった。

ルヴァンカップの失点も判断基準を変えず

日本代表GKが相手選手との駆け引きを制した一連のプレーを見て、今季のYBCルヴァンカップ決勝を思い出した。

あの時は浦和の選手の不用意なプレーからガンバ大阪のFWアデミウソンにセンターライン付近でボールを奪われ試合の流れを大きく変える先制点を奪われた。

その場面では卓越した技術を持つブラジル人FWを前に、GKとして対峙した西川はあえて飛び込むことを選ばずギリギリまで待って、真正面から駆け引きを挑んだ結果ゴールを許した。しかし、それで自らのプレーの判断基準を変えないのが西川だ。

もしCS決勝で遠藤康の仕掛けに対して飛び込んでいたら、容易にかわされてゴールを決められていただろう。「慌てて飛び込むよりはステイしながら、“いつも通り”やれた」からこそ、ギリギリの駆け引きを制すことができた。

後半開始早々、鹿島に先制点を奪われていれば展開は大きく変わっていたはずだ。柏木の落ち着き払ったコントロールからのクロスも、興梠のPK奪取も、阿部のゴールも生まれていなかったかもしれない。そういう意味で西川が見せたプレーは1点以上の重みを持っていた。

浦和の最後尾を支える守護神・西川はルヴァンカップ優勝の後、こんなことを言っていた。

「チームにとってもミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)にとっても、今日は初めての経験ができた。『優勝するために必要なのはこれなんだ』というのを一人ひとりが感じられていると思うし、楽して勝っているわけではない。その味を経験できたことで、また来週も監督がよく言う規律を大事にしながら戦えるし、僕はひとつ獲ればいい意味で調子に乗っていけるチームでもあると思っている」

その言葉は虚勢ではなく確固たる自信があったからこそ出てきたものだった。実際に浦和はルヴァンカップ決勝の後のリーグ戦3試合をひとつも落とすことなく2ndステージ優勝を決め、いまは年間優勝まであと一歩のところまで来ている。

浦和の強さを支える準備の姿勢

チーム全体からただよう自信は、チーム在籍5シーズン目の槙野智章も感じている。

「僕は2012年に浦和に来て、監督とも一緒にやってきて、毎年のように優勝争いし、あと少しのところで逃してきた。ただ今年に関してはしっかりとルヴァンカップも獲った。Jリーグも年間1位になって、今日もしっかり勝てた。その要因は攻撃よりも守備だと思っています。もちろん4、5年前は監督の求める攻撃主体のパスサッカーのところを常に考えてやっていたけれども、今年に限ってはそれにプラスアルファ、守備を徹底的にチームに植え付けたことが結果に結びついている」

今季の浦和は、あと一歩のところでタイトルを逃し続けてきたこれまでの姿ではない。リーグ戦34試合で28失点はJ1で最も少なく、少し調子を落としてもその都度しっかりと立て直して勝利を手にしてきた。

CS決勝第1戦でもホームの鹿島にほとんど決定的なチャンスを作らせず、終盤の猛攻にも全員で守って耐え切った。今季チームとして取り組んできたことの成果が遺憾なく発揮された会心の試合だったと言える。

西川は「基本を大事にできた」「いつも通りやれた」「日頃の準備で意識していたことを出せた」など、日常の準備について述べることが多い。ただ聞いているだけでは普通のことに聞こえるが、最後は「基本」や「いつも通り」であることが最も重要になるとプレーで証明して見せた。

それが遠藤康との1対1の場面であり、チーム全体の守備意識の高さであり、最後に勝ち切る力の源でもある。目先の結果に左右されて自分のプレーを変えるのではなく、基本に忠実に、準備してきたことをブレずにやり続けることが今の浦和の強さを支えている。

今年の浦和はこれまでと違う。チームには自信がみなぎっており、悲願のリーグ優勝に手をかけている状態だ。ここで「いつも通り」のスタンスを崩さないことが、何度も回り道を余儀なくされた歓喜への近道になるだろう。

(取材:舩木渉、ショーン・キャロル、チェーザレ・ポレンギ/文:舩木渉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和の攻撃スタイル、ホームで貫く 6万人と歓喜へ
【浦和】10年前も今も変わらない勝利の美学。柏木が、槙野が語った攻撃的スタイルへのこだわり
岡山豊川「ガンガンいくだけ」J1昇格の切り札宣言
鹿島石井監督、クラブ日本人監督初のリーグVに意欲
鹿島金崎、捻挫何の強行出場 逆転Vへ土壇場で復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加