【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ アーバンEVコンセプト...市販デザインはどうなる?[詳細画像]

【フランクフルトモーターショー2017】ホンダ アーバンEVコンセプト...市販デザインはどうなる?[詳細画像]

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/16
No image

ホンダ アーバンEVコンセプト(フランクフルトモーターショー2017)

もっと画像を見る
ホンダ『アーバンEVコンセプト』は、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズキが1.4l直噴ターボエンジンを搭載した新型『スイフトスポーツ』を発売
アジア一の富豪に中国「恒大集団」会長 不動産事業で資産5兆円
「東京=物価高い」はもう過去? 「世界最安の旅行先」と英国で評判のワケ
BMW『523d ツーリング』VS ボルボ『V90』ラグジュアリーなステーションワゴン対決
トヨタのイメージを変えるか?新スポーツブランド「GR」誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加