バルサ、今冬2人目の新戦力獲得。ピケを超える最長身DFジェリー・ミナが加入

バルサ、今冬2人目の新戦力獲得。ピケを超える最長身DFジェリー・ミナが加入

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/11
No image

パルメイラス時代のジェリー・ミナ【写真:Getty Images】

バルセロナは11日、今冬2人目の新戦力としてブラジルのパルメイラスからコロンビア代表DFジェリー・ミナの獲得を発表した。

契約は2023年6月30日までの4年半で、移籍金は1180万ユーロ(約16億円)。契約に必要な違約金は1億ユーロ(約133億円)に設定されている。

1994年生まれで現在23歳のミナは、身長195cmと恵まれた体格を誇るセンターバックで、退団濃厚なハビエル・マスチェラーノの後釜になると見られている。19歳まではMFとしてプレーしていたため足元の技術にも優れ、大柄な体格に似合わないスピード、そしてパルメイラスで28試合6ゴール、コロンビア代表で9試合3ゴールと得点力も備えている。

また若くしてタイトル獲得経験も豊富で、コロンビア国内ではリーグ優勝やコパ・スダメリカーナ制覇、ブラジルで2016年に全国選手権1部優勝に貢献している。また昨年はブラジルのパウリスタ州選手権で最優秀DFにも選ばれた。

GKとしてサッカーを始めたミナは、DFとしてバルセロナ初のコロンビア人選手となった。そして身長194cmのジェラール・ピケを抜いてチーム内で最も背の高い選手にもなる。フィリッペ・コウチーニョに続く冬の2人目の新戦力は、リーグ奪冠に向けて首位をひた走るバルセロナにおいて期待通りの活躍を披露できるだろうか。ロシアW杯ではコロンビア代表として日本代表の前に立ちはだかるかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まぁ落ち着いて...プロテニス選手がバナナの皮をむけずにメンタル崩壊
日本サッカーは「時代の波に乗り遅れている」 米国初の“日系資本クラブ”が抱く危機感
エアレース王者の室屋は連覇秘訣を永世7冠・羽生に学ぶ
最も影響力のあるランジェリーモデル
【ISU欧州フィギュアスケート選手権2018】ペア  選手コメント<ショートプログラム:上位5選手>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加