最新ランキングをチェックしよう
耽美で官能的な世界を描いた処女小説が書籍化『ヴィオレッタの尖骨』宮木あや子

耽美で官能的な世界を描いた処女小説が書籍化『ヴィオレッタの尖骨』宮木あや子

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/10/12

昨年、ワーキングガールズエンタメ『校閲ガール』がドラマ化された宮木あや子さん。だが、その真髄はむしろ耽美で官能的な作品にある。その原点でもある処女小説を所収した新刊『ヴィオレッタの尖骨』がこのたび刊行された。

宮木あや子
みやぎ・あやこ●1976年、神奈川県生まれ。2006年『花宵道中』で「女による女のためのR-18文学賞」大賞&読者賞をW受賞しデビュー。14年、同作が実写映画化。著書にドラマ化

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コロンビア日本●地元紙「腹切り」ファルカオ落胆
開始3分でコロンビア退場者!!日本がPKで先制!!
共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
【日本2-1コロンビア|採点&寸評】長友と原口の闘争心に拍手!神様、仏様、大迫様!!
「運だけではない」日本代表・W杯金星の舞台裏、指揮官の駆け引き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加