最新ランキングをチェックしよう
耽美で官能的な世界を描いた処女小説が書籍化『ヴィオレッタの尖骨』宮木あや子

耽美で官能的な世界を描いた処女小説が書籍化『ヴィオレッタの尖骨』宮木あや子

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/10/12

昨年、ワーキングガールズエンタメ『校閲ガール』がドラマ化された宮木あや子さん。だが、その真髄はむしろ耽美で官能的な作品にある。その原点でもある処女小説を所収した新刊『ヴィオレッタの尖骨』がこのたび刊行された。

宮木あや子
みやぎ・あやこ●1976年、神奈川県生まれ。2006年『花宵道中』で「女による女のためのR-18文学賞」大賞&読者賞をW受賞しデビュー。14年、同作が実写映画化。著書にドラマ化

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本当にあった! アホでマヌケなアメリカ白人のトホホすぎる武勇伝『オレの獲物はビンラディン』
『スターウォーズ/最後のジェダイ』はとんでもない傑作だ!
【スター・ウォーズ】3日間限定!聖地・日劇に1/2スケールのR2-D2とフォトスポットが出現
「HKT48」の短編映画48作品の特別先行試写会が開催 宮脇は「11時間もあるので心配です」
大泉洋、松田龍平の回答に「事務所の人間か。危ないですよこの人」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加