サニブラウン 成長支える語学力 小1まで「家では英語」

サニブラウン 成長支える語学力 小1まで「家では英語」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇陸上・世界選手権第6日 男子200メートル準決勝(2017年8月9日 英ロンドン)

No image

<世界陸上ロンドン大会6日目>男子200メートル準決勝、決勝進出を果たし笑顔を見せるサニブラウン

サニブラウンの成長を支えているのが語学力だ。ガーナ出身の父を持ち、母・明子さんの方針で小学1年まで「家の中は英語」。自宅を訪れる両親の友人は外国人が多く、英語は身近な存在だった。

「聞き取りは問題ないです。コーチもゆっくり話してくれるから細かいニュアンスも分かります」

だからオランダ代表のコーチを務める自身の指導者、レイナ・レイダーさん(米国)の言葉も理解することができる。

外国人に対し、臆することもない。ロンドン競技場の練習場には、国ごとに分けられた控室代わりのテントがあるが、サニブラウンは準決勝前の雨中のウオーミングアップの際も同国のテントに何度も出入りしていた。日本代表の苅部俊二短距離コーチは「自分のところのように普通にスーッと入る。動じない、負けない何かを持っている」とあきれ顔。9月に入学するフロリダ大でも高いコミュニケーション能力を発揮するはずだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白熱のロンドン・ダービーはチェルシーに軍配!M・アロンソ2発でトッテナムを下し今季初勝利
歓喜が一瞬で悲劇に... 酒井高の同僚FW、ゴールパフォーマンス失敗で全治7カ月の重傷
柴崎 デビュー戦は勝利ならず
柴崎デビュー 前半スコアレス
【インタビュー】ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)「予選通過を信じて戦うだけだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加