【MLB】投手でも容赦なし! 6年222億円右腕の「スローーーカーブ」にファン興奮「超いいね」

【MLB】投手でも容赦なし! 6年222億円右腕の「スローーーカーブ」にファン興奮「超いいね」

  • フルカウント
  • 更新日:2019/07/21
No image

ダイヤモンドバックスのザック・グリンキー【写真:Getty Images】

グリンキーは投手ゴンザレスを111キロのスローカーブで空振り三振

■ブルワーズ 8-3 Dバックス(日本時間21日・アリゾナ)

ダイヤモンドバックスのザック・グリンキー投手は20日(日本時間21日)、ブルワーズ戦で先発。7回6安打2失点と好投したが、救援投手が打たれて11勝目はならなかった。地元放送局「FOXスポーツ・アリゾナ」は35歳右腕が3回に投じた68.9マイル(約111キロ)のスローカーブに注目。驚愕の声をあげた。

通算197勝右腕が魅了したのは3回無死だ。打者は投手のジオ・ゴンザレス。89.1マイルの直球(約143.4キロ)、82.1マイル(約132.1キロ)のスライダーで追い込み、1ボール2ストライクからの4球目だ。111キロのスローカーブが外角低めに決まり、空振り三振に仕留めた。ゴンザレスは苦笑いへベンチへ下がった。

地元放送局「FOXスポーツ・アリゾナ」で実況を務めるスティーブ・バーシウム氏、解説のボブ・ブレンリー氏は大興奮だった。

実況「スローカーブ! 69マイルです。(前の回の打者含め)3者連続三振です」

解説「ハハハ、ほとんどの打者はこのスローーーーカーブに手を出したあとに、このような反応はしません」

投手相手への容赦ない投球。ダイヤモンドバックス公式ツイッターがアップすると、ファンからは「超いいね」、「ナイス」とコメントされた。

チームは地区2位だが、首位ドジャースとは15ゲーム差。16年から21年まで6年総額2億650万ドル(約222億4500万円)の超大型契約を結んだ右腕だが、これまでにフィリーズが獲得調査に乗り出すと米メディアが伝えている。最優秀防御率2度、オールスター戦6度選出された09年のサイ・ヤング賞右腕の去就にも注目だ。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】ダルビッシュ、リトルリーグ日本代表を激励 日本国歌に「なんか奮い立つものを...」
マリナーズ菊池がメジャー初完封、2安打快投で約2か月ぶり勝利
【MLB】菊池雄星のメジャー初完封を米メディアも続々速報「これを待っていた」「マダックスだ」
【MLB】菊池雄星、メジャー初完封で56日ぶり5勝目! 日本人4人目の“マダックス”を達成
【MLB】プイグの少年打者を真似た“しゃがみ込み打法”に米爆笑「最高だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加