ソフト・ロボティクスがまた一歩前進。液体誘導体でできた「自己修復する人工筋肉HASAL」

ソフト・ロボティクスがまた一歩前進。液体誘導体でできた「自己修復する人工筋肉HASAL」

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/01/12
No image

Image: Keplinger Research Group

ロボット開発の一分野であるソフト・ロボティクスの目標は、もろい物体を壊すことなく丁寧に掴めるロボットを開発すること。それを可能にする人工筋肉には誘電性エラストマーを使用したものがありますが、今度はある研究チームが液体誘電体を使用した人工筋肉を発表しました。

コロラド大学ボルダー校の研究チームは先週、Science誌にHASAL(hydraulically amplified self-healing electrostatic)アクチュエーターと呼ばれる人工筋肉についての論文を発表。HASALは液体誘電体が弾力のある素材の中に入った構造で、電圧が加わることで内部の液体が動き、ヒトの筋肉みたいに収縮と伸張するといった仕組みになっています。そのため冒頭のGIFのように、ラズベリーなどの潰れやすいものをつかんで扱うことが可能なんだとか。水圧やモーター駆動による人工筋肉の動作とはだいぶ異なり、液体と電圧との組み合わせたことで俊敏かつ簡単に制御応答できるのも特徴です。また個体誘電体とは異なり、液体誘電体であるため自己修復されるとのこと。

以下のGIFでは、前述のように電圧を流すとドーナツ型のHASALが伸び、平時では縮むという動きを高速で繰り返しています。

No image

Image: Keplinger Research Group

研究グループが公開した動画では、別の形状のアクチュエーターでの実験例も紹介されており、メカニカルアームに付いたHASALが伸縮する様子はそれこそヒトが上腕二頭筋を使う動きを模倣しているかのよう。ソフト・ロボティクスの最終的な目標は、人間の手足と同じような動き方のできる義肢の開発と、そしていつの日か人間ともっと緊密かつ安全に働けるロボットを開発することだそうですが、案外その日は近いのかもしれません。

Image: Keplinger Research Group
Video:YouTube
Source:Science

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文
(たもり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2世紀から20世紀まで。人類が歩んだ脳外科手術の歴史
がんプレシジョン医療:入門2
恐怖の「ギャラクティカマグナム伝説」―害虫は殺虫剤にあっというまに強くなる
気象衛星「しきさい」...高度800kmから海氷や雪・植物の違い・プランクトンもはっきり
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加