最新ランキングをチェックしよう
MITが銀河団で巨大な拡大鏡をつくることに成功!赤ちゃん銀河に60倍でズームイン

MITが銀河団で巨大な拡大鏡をつくることに成功!赤ちゃん銀河に60倍でズームイン

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/10/19

Image: Felice Frankel and Christine Daniloff, MIT何千~何万もの銀河で構成される銀河団には、すべての銀河を束ねるだけの強力な重力がある。この重力が時空をゆがめて巨大な「重力レンズ」を形成。MITなどの研究チームがこれを天然の拡大鏡として利用し、銀河団の向こう側にある銀河を約60倍に拡大して観測したようだ。
重力レンズを用いてこれほど遠くの天体を観測し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
微小重力環境でバイオテックの基盤を作る新種の宇宙企業Luna
1100万年前の隕石落下の証拠 南鳥島沖で発見「生物絶滅の原因か」
幻覚剤「DMT」を使った人の脳は覚醒しながら夢を見ている
「ガンマ線バースト」の爆発エネルギー、想定大きく上回る 研究
未発見の「ナスカの地上絵」をIBMのAIが見つけ出すことに成功、見つかった143点の地上絵はこんな感じ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加