最新ランキングをチェックしよう

夜は真っ暗にして寝ろ!豆電球でも安眠妨げ

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/17

寝床に入ってもすぐ眠れない、朝スッキリ目覚められない、テレビを見てると目が疲れる・・・原因は部屋の照明にあった。江戸川大学の福田一彦教授によると、就寝前に明るすぎるリビングなどにいると、眠気を誘うホルモンのメラトニンが分泌されにくくなるので寝つきが悪くなり、熟睡できないので目覚めもスッキリしない。寝る1~2時間前には部屋の明かりを50ルクス程度に下げ、ライトも白色系ではなく、やや茶色い暖色系のほう

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
うつ病の人が良く使う言葉には特徴がある。言語分析で「うつ語」の存在が明らかに(英研究)
【心理テスト】直感で選んだ石でわかる「あなたの真の性格」が的中率抜群! 近い将来変化が訪れる人も...!?
お金持ちは「カンニングの天才」 時給を上げられない人の2つの特徴とは?
いい大人がカーセックスしている場所ランキング――2位は駐車場や竹林、1位は...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加