日本ハム加藤6回途中2失点「リズム作れなかった」

日本ハム加藤6回途中2失点「リズム作れなかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

日本ハム先発の加藤(撮影・黒川智章)

<楽天4-3日本ハム>◇10日◇Koboパーク宮城

日本ハム加藤貴之投手(25)が粘投も、自身2連勝には届かなかった。

1点リードの2回、松井稼頭に同点ソロを献上。再びリードを奪った直後の3回には、ウィーラーに左中間適時打で同点とされた。4回以降は粘りの投球。均衡した状況で踏ん張ったが6回に連打を浴び無死一、二塁のピンチを招いて降板した。

5回0/3で6安打2失点。前回登板の3日ロッテ戦に続く白星は、かなわなかった。「先制してくれたんですけどリズムを作れなかったです。長いイニングを投げないといけなかったんですが、自分のふがいない成績がこういう展開にしてしまったので、とにかく申し訳ない気持ちです」と反省しきりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20日の予告先発 ホークスVS楽天第3戦は辛島VS武田、DeNA濱口VS巨人畠
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
阪神・鳥谷、高木豊に並ぶ132度目猛打賞!8月は月間打率・397
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加