最新ランキングをチェックしよう
沖縄の住宅地近くに米軍大型ヘリCH53が不時着、炎上 住民の不安、現実に

沖縄の住宅地近くに米軍大型ヘリCH53が不時着、炎上 住民の不安、現実に

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/12

沖縄本島北部東村の海沿いにある牧場にきのう11日(2017年10月)午後5時20分ごろ、米軍の大型ヘリCH53が不時着、炎上した。住宅まで約500メートルだった。ヘリパッド着工から10年、住民が訴え続ける不安が現実の問題であることがはっきり示された。
けが人はなかったが、ヘリは3時間炎上し続け、噴出する黒煙や暗闇に燃え上がる赤い炎が映像にとらえられた。
司会の羽鳥慎一「一つ間違えれば住宅に落ちてい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
肛門に空気入れ死亡か 逮捕の2人「ふざけて...」
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
同僚の男2人に体内に空気入れられ男性が死亡
「夢や目的を持つ魅力ある旅行」タイ国際航空初の学生アンバサダーキャンペーン報告会
ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加