巨人宇佐見「1日も早く上に」3軍キャンプ打ち上げ

巨人宇佐見「1日も早く上に」3軍キャンプ打ち上げ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/13
No image

沖縄3軍キャンプ打ち上げの締めのあいさつを行う巨人宇佐見(中央)(撮影・桑原幹久)

巨人3軍は13日、沖縄1次キャンプを打ち上げた。

3軍創設初年度の16年は宮崎、17年は1次が川崎市のジャイアンツ球場、2次を宮崎で行っていたが、練習場所の確保やリハビリ組の早期回復のため、今季から温暖な気候の沖縄で1次キャンプを行った。2次キャンプは15日から宮崎で行う。

昨年11月の左手首骨折からの復帰を目指す宇佐見真吾捕手(24)が締めのあいさつを任され「初心を忘れずに目的を持って、那覇でやってきたことを思い出しながらやっていきます。個人的には1日でも早く上に上がっていけるように、追い込んで、追い込んで、1軍の戦力になれるように頑張ります」と首脳陣、選手、スタッフが作った円陣の中で意気込みを語った。

江藤智3軍監督(47)は就任1年目の1次キャンプを振り返り「初めての試みで難しい面もあったが、暖かい環境でやれたことはよかった。新人もよく頑張ってくれた。宮崎でも体力強化をメインにスキルアップもしていく。沖縄でやってきたことを継続して、長いスパンで育成に取り組んでいきたい」と収穫を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平の謎のカラフル帽の正体判明...オランダ流の祝福
メダリストになった高木美帆...8年前、札幌Dで笑った少女が遂げた変貌
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
羽生善治竜王と藤井聡太六段の食事に「コンビニ飯」非難相次ぐ
【DeNA】横浜駅エリアにオフィシャルグッズショップを初出店!「横浜スポーツタウン構想」の一環
  • このエントリーをはてなブックマークに追加