鶴竜、日馬について初言及「何て言っていいか分からない...」

鶴竜、日馬について初言及「何て言っていいか分からない...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

大相撲の冬巡業が6日、福岡県直方市で行われ、横綱・鶴竜(32=井筒部屋)が、暴行事件の責任を取り引退した元横綱・日馬富士について、公の場で初めて口を開いた。

No image

直方巡業に参加した鶴竜

「すいません。今はちょっと…。何て言っていいか、分からないです」。短い言葉だったが、複雑な気持ちを表した。4日には白鵬も「今は言葉が見つからない」と発言をしている。そのことについては「本当の気持ちだと思う」と小さくうなずいた。現在、元日馬富士は書類送検を待つ身で、鶴竜と白鵬は、10月下旬に貴ノ岩が暴行された鳥取市内の酒席に同席。鶴竜も今は状況を見守るしかないようだ。自身は故障続きで4場所連続休場中。「気持ちは前向き」と初場所を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方の女装が衝撃的すぎる
玉木正之のスポーツ内憂内患「白鵬の傲慢な言動こそ角界の『ウミ』だ」
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(1)多額の金を手にする日馬富士
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(2)二所ノ関一門の意向を反映
貴乃花のモンゴル力士との交際禁止が諸悪の根源
  • このエントリーをはてなブックマークに追加