元関脇の十両安美錦は3敗目「中途半端な相撲、悔やみきれない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17

「大相撲秋場所・8日目」(17日、両国国技館)

元関脇で東十両2枚目の安美錦(38)=伊勢ケ浜=が旭秀鵬(友綱)に押し出しで敗れ、3敗目(5勝)を喫した。立ち合い、1度嫌い2度目で立った。左にかわしたところでもろ手突きをまともに食らい、棒立ちになり土俵外に飛ばされた。

「立ち合いが良くなかった。合わせづらかったね。中途半端な相撲だった。悔やみきれない。『あっ』で終わった。そこからでも反応しないと。しっかり考えてやらないと」と反省しきりだった。

昨年夏場所で左アキレス腱を断裂して途中休場。同名古屋場所も休場して幕内を陥落。十両7場所目で勝ち越せば、幕内帰り咲きも視界に入る。

中日折り返しで白星2つ先行。「まあまあじゃないの。やることをやんなきゃね」と、前だけを向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士、疲労の色濃く=大相撲秋場所
豪栄道、10連勝で昨年秋場所以来の2桁白星/秋場所
貴景勝スピード初金星も悔し、ライバル阿武咲に刺激
石浦「追いかけっこしちゃいました」奇策も実らず
大相撲“退場休場”場所の救世主になるか、「阿武咲」!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加