ソラシドエア、空恋プロジェクトで「特産品ブランド・きつきのきづき号」運航開始

ソラシドエア、空恋プロジェクトで「特産品ブランド・きつきのきづき号」運航開始

  • Traicy
  • 更新日:2017/08/15
No image

ソラシドエアは、機体活用プロジェクト「空恋~空で街と恋をする~」の一環として、大分県杵築市の「特産品ブランド・きつきのきづき号」(ボーイング737-800型機、機体記号:JA802X)の運航を7月14日より開始した。

No image

8月4日には大分空港で就航セレモニーを開催し、大分発東京/羽田行きのSNA90便の乗客には、情報誌(杵築ブランドバイヤーズ)、杵築七トウ藺のコースター、搭乗証明書などの記念品を配布した。約1年間に渡って、各就航地へ運航する。

ソラシドエアは、地域振興を目的とした機体活用プロジェクトで、1機1自治体を基本として、1年間に渡って機体側面に地名を表示するとともに、機内で各自治体独自の方法でPRを行うことができる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「限界国家」日本、大量の外国人実習生が失踪...外国人労働者抜きでは社会維持が困難に
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
「帰り道分からない」と交番に...教師が覚醒剤使用か
【関東大雷雨】都心で2時間に1000発の落雷観測
  • このエントリーをはてなブックマークに追加