約2000万円の格安価格で販売予定の8ローター&ハイブリッドのパーソナルヘリ「SureFly」とは?

約2000万円の格安価格で販売予定の8ローター&ハイブリッドのパーソナルヘリ「SureFly」とは?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2018/01/12
No image

Uberをはじめとして空飛ぶパーソナルモビリティの開発競争が盛んに行われていますが、アメリカで開発されている「SureFly」は、20万ドル(約2200万円)という安価での販売が予定されている現実的なマシンです。比較的安価なSureFlyですが、エンジン&バッテリーの両方で電力を供給できるハイブリッドマシンになっています。

SureFly | Workhorse

http://workhorse.com/surefly

SureFlyはオハイオ州に拠点を置くWorkhorseが開発中の2人乗りの小型ヘリコプターです。最大速度は70mph(約112km/h)で、最高飛行高度は4000フィート(約1200メートル)。

No image

ヘリコプターと違ってテールロータはなし。その代わりに、アームごとにデュアルローターで2枚のプロペラをそれぞれ反対方向に回転させることで、機体が回転するのを防ぎ姿勢を制御します。

No image

SureFlyは基本的にはガソリンエンジンで発電機を動かしてローターを回転させる電力を得ます。しかし、万一のエンジントラブルに備えて7.5kWhのリチウムイオンバッテリーを各アーム内に搭載しており、緊急時にはバッテリー駆動で約5分間飛んで着陸させることが可能です。さらに、動力を完全に失った飛行不能時に備えて、機体をゆっくりと着陸させられるパラシュートも備えるとのこと。

No image

シートは2座。将来的には自動運転での飛行を想定しているそうです。

No image

カーボンファイバーを使った機体は軽く、重量は1100ポンド(約500キログラム)で可搬重量は400ポンド(約180キログラム)。また、アメリカの一般的な家庭なら庭に駐車できるサイズだとのこと。

No image

アームを折りたたむことも可能です。

No image

パリエアショー2017で初めて披露されたSureFlyのテスト機は、以下のムービーで確認できます。

(8) Paris Air Show 2017: The Surefly personal helicopter - YouTube

SureFlyは20万ドル(約2200万円)以下という価格が想定されており、近年、価格が下がっているヘリコプターの中でも破格の安さです。公式サイトでは1000ドル(約11万円)の預託金で予約受付がされています。

SureFlyの初フライトは、2018年1月12日までアメリカ・ラスベガスで開催されている国際見本市CES 2018内で行われる予定で、WorkhorseはFAAの飛行許可も取り付けていましたが、不運にも天候に恵まれずキャンセルされました。WorkhorseはBBCに対して、なるべく早く処女フライトを行いたいとコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Gmailの受信トレイを整理! 知ると便利な2つのテクニック
スーパースローでブラウン管テレビの写り方を撮影するとどんなふうに見えるのか?
ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
サムスンの特許になぜか「日本人ならみんな知ってるあのキャラ」が...
スマホの保護フィルムは貼るから塗る時代へ!液体ガラスフィルムを試してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加