【連載79】海外ロケで芸能人がハメを外すのは当たり前だった! 夜の繁華街のガイド役に変身するテレビマンたち

【連載79】海外ロケで芸能人がハメを外すのは当たり前だった! 夜の繁華街のガイド役に変身するテレビマンたち

  • JAPAN芸能カルチャー研究所
  • 更新日:2017/09/15
No image

「いや~最近はやりづらくなったよ」

海外ロケから帰国したベテランディレクターのM氏が、スタッフにお土産を配りながら、タメ息をついた。

M氏は華やかなバブル時代を謳歌した世代。
当時は海外ロケも多く、異国の地で派手に遊んでいたらしい。

国内では、ワイドショーや週刊誌のマークのキツかった人気タレントも、海外に行くと誰の目も気にせず、快楽に走ることができたという。
そうなると、Mは率先してガイド役を務めてイケメン俳優やら人気タレントと連れだって夜の楽園へと向かったそうだ。

ロケで何度も足を運んでいるだけあって何ら迷うことなく、妖しげな建物に一行を案内し、まずは売れっ子芸能人たちに好みの女性を選ばせ、後はしっぽりと楽しんでくださいって感じで部屋に送りだすという任務を遂行していたらしい。

「アイツら日本で派手に遊べないから溜まっちゃっていて、もう大変。いつになったら帰ってくるんだって感じだったよ。こうなると、彼らに気持ち良くなってもらうのが本業でロケなんておまけみたいなものだよ」とうそぶく。

だが、時は流れて今はSNS全盛の時代。

もし、そういういかがわしい場所の出入りを一般人に写真で撮られ、拡散でもされたら、タレント生命に関わる大問題に発展しかねない。
情報を発信するツールが誰にでもあるため、芸能人はどこに行っても胸をなで下ろす暇がないのだ。

そのため、海外ロケも昔に比べるとだいぶ大人しくなったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
重盛さと美の美脚にくぎ付け!「スタイル良すぎ」「エロ可愛い」の声
佐藤健の集合写真いじめの憶測報道にネットから擁護の声
坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上
堤真一 大河主演辞退報道の陰で...第2子が誕生していた!
水原希子、ノーブラで“トゥン”気にしない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加