イングランド代表、“不正な靴下”使用で罰金処分。ナイキソックスに重ね履き【ロシアW杯】

イングランド代表、“不正な靴下”使用で罰金処分。ナイキソックスに重ね履き【ロシアW杯】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/07/12
No image

イングランド代表のエリック・ダイアー【写真:Getty Images】

国際サッカー連盟(FIFA)が11日、イングランド代表のデル・アリ、ラヒーム・スターリング、エリック・ダイアーの3人がロシアワールドカップで「無許可の靴下」を使用したとして、イングランドサッカー協会(FA)に対し5万ポンド(約740万円)の罰金を科した。

罰金の理由は、正式なナイキの靴下の上に、別のブランドの足首サポートソックスを重ね履きしていたことにある。FIFAが定める「メディアとマーケティング規制・FIFAの用具規定違反」に当たるようだ。

FIFAはFAに対して何度も忠告したとし、「スウェーデン対イングランドの準々決勝、試合前と試合中に着用し、不正な商業ブランドを表示し続けた」とコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長谷部 ベルギー戦で「腰折れてた」...石橋貴明が明かす
凱旋パレードに...クロアチア総人口5%に当たる20万人のファンが集結【ロシアW杯】
「キャップ似合わなすぎ」 吉田麻也&大迫勇也、W杯後の“バカンス2ショット”公開
W杯初出場で奮闘のアイスランド、指揮官が辞任...ユーロでは8強入りの快挙
なにもかもが桁外れだったフランス代表の凱旋ドキュメント。大統領宮殿では抱腹絶倒の展開が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加