香取慎吾のイメージ崩壊!?『凪待ち』で新境地

香取慎吾のイメージ崩壊!?『凪待ち』で新境地

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2019/06/20
No image

香取慎吾が『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』などの白石和彌監督と初タッグを組んだ『凪待ち』が6月28日に公開されます。今作での香取慎吾はまじですごいです。ドン底に堕ちた男性役でブチギレ、ギャンブル狂、ケンカとなんでもあり。本編の映像とともに今まで見たことのない香取慎吾の新境地ぶりを紹介します。(編集部・海江田宗)

■これまでのイメージとはまったく違う香取慎吾

No image

「喪失と再生」をテーマにしたオリジナル脚本の本作は、ギャンブルやお酒を楽しみ、毎日をふらふらと過ごしていた木野本郁男(香取)が、「ギャンブルをやめる」と恋人の亜弓(西田尚美)に約束し、亜弓の娘である美波(恒松祐里)と3人で亜弓の故郷・石巻に行き、そこで再出発を図ろうとする物語。郁男は、末期ガンに侵されているが病院を嫌って漁師を続ける亜弓の父・勝美(吉澤健)や、近くに住んでいて何かと気にかけてくれる小野寺(リリー・フランキー)、亜弓の元夫・村上(音尾琢真)らと出会います。

No image

石巻で新たな生活を始めた郁男が、そのままマジメになることができれば郁男たちの生活は「凪」になるのでしょうが、そこは「凪待ち」。波は穏やかにならず、白石監督ならではの演出のもと、香取演じる郁男は石巻でも荒れ狂ってしまいます……。4月に行われた本作の完成報告会見で香取は「(自暴自棄になる郁男に対して)気遣ってくれる人の優しさがこんなにも痛いものなのかと感じた。郁男を演じている時は、すごく辛かった」とコメントしていたのですが、「人の優しさ」を見事なまでに無駄にする郁男のドン底っぷりは本当に強烈です。

■荒れ狂いまくり!『凪待ち』本編映像

そんな『凪待ち』からの本編映像を紹介します。いくつか別々のシーンを組み合わせているこの映像は、まずは郁男と亜弓が車の中で口論をしているシーンからスタート。最初は亜弓の話を聞いていた郁男でしたが、だんだんとイライラがつのっていくのが言葉の端々から感じられます。

そして予告編にも使用されていた警察が出動して郁男が絶望を味わっている描写の後に続くのが、『恋人たち』などの黒田大輔が演じた同僚・尾形に対して郁男が怒りを爆発させる乱闘シーンです。尾形のことを睨みつけながら近づき、周りの目も気にせず胸ぐらをつかみ、尾形を軽く吹っ飛ばす郁男。「いや、職場でこんだけ暴れられるって郁男どんだけよっ!?」と思ってしまうこの場面では香取のブチギレの迫力がビシビシと伝わってきます。文字通り火花も飛びます。本作のプロダクションノートによるとこのシーンの撮影では「ぐるぐるの寄り、それは後でやろう」など独特の表現で通じ合う白石監督と福本淳カメラマンの姿があったそうです。

No image

今回紹介した本編からの抜粋映像は、「香取慎吾の新境地」シーンの第1位と第2位を並べたわけではありません。こんな「香取慎吾、初めて……」と思えるもっと凄まじいシーンが本編にはたくさん出てきます。映画を観ながら「香取慎吾さん、よくこんな役のオファー受けたな」っていうのが正直な感想でもありました。ぜひ映画館で体感してほしいです。

■男くさい香取慎吾の色気にも注目してください!

No image

繰り返しになりますが「香取慎吾の新境地」がこの作品の大きな注目ポイントです。でもそれ以外にも注目してほしいことがたくさんあります。まずは女性の方にお伝えしたいのが「男くさい香取慎吾の色気」です。ドン底を生きる郁男は、劇中で終始、汗にまみれていてなんだかネトネトしています。でもそこがいい! リリー・フランキーも6月の完成披露試写会イベントで「慎吾ちゃんの色気は強烈だった。ドキドキしながら過ごした撮影でした」と振り返っていました。これからの夏の季節、女性のみなさんには、汗まみれの男に対して「嫌だな~」と思わず、「仕方ないわね~」と感じてその男がドン底から這い上がれるよう応援してもらいたい! と思うのは男のエゴでしょうか?

No image

そしてもう一つはこのページの筆者(男)個人の意見もかなり入ってくるのですが、郁男のギャンブル絡みのシーンがクスッと笑えます。「あ~、他の人が賭けの買い目を話し合っているの聞いて、自分の買い目を言いたくなるのわかるな~」とか「いや、もう賭けるのはやめなよ。どうせ負けるんだから。もう今日どんだけ負けてんのよ。そのお金使ったらもうすっからかんじゃん……。でも、やっちゃうんだよね~」など、わかる人にはわかる(?)場面が満載です。

最後少し話が逸れましたが、兎にも角にもこの『凪待ち』、いろんな角度からでかめのインパクトを観る者に与えるのは間違いありません! 映画館で香取慎吾からの強烈な一発、くらってきてください。

(C) 2018「凪待ち」FILM PARTNERS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカにおける「アジア系」の見方がいま、劇的に変わろうとしている
大林宣彦監督の最新作が東京国際映画祭で上映決定
『チャイルド・プレイ』チャッキーの残虐な歴史を振り返り!
話題の映画『新聞記者』を観て感じた、この国のリベラルの限界
「天気の子」まだ公開前なのに... 映画サイトに低評価レビュー相次ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加