山崎賢人、岡山天音と前世は1人だった?公然イチャイチャトーク

山崎賢人、岡山天音と前世は1人だった?公然イチャイチャトーク

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/10/11
No image

ヒロインを置いてイチャイチャ? 山崎賢人と岡山天音

俳優の山崎賢人が11日、都内で行われた映画『氷菓』完成披露試写会舞台あいさつに、親友でもある共演者の岡山天音と出席し、イチャイチャトークを繰り広げた。この日は、広瀬アリス安里麻里監督も来場した。

山崎と岡山の蜜月ぶりはファンの間では有名で、本作はそんな2人ががっつり共演していることでも話題になっている。岡山は「賢人とは何回か共演していますが、ちゃんと向き合ってお芝居をするのは初めてで、最初は恥ずかしくて吹いていたよね」と明かしつつ、「現場で会うと、どうしていいかわからないし、照れ臭かったけど、そこを振り切ってやるぞ! と頑張りました」と満足そうな表情をのぞかせ、山崎も「うんうん」と同調した。

そんな2人の互いに好きなところは「全部」だそうで、イベント冒頭から広瀬に「近い」と指摘されるほどの距離に立ったり、耳元でコソコソ話しをして笑い合ったりする山崎と岡山。すると、安里監督は「(撮影現場で)モニターを見る時は絶対に肩を組んでるんですよね」と暴露。広瀬も「移動中、前世で2人は一人だったらしくて、本世は2人になっちゃったみたいなことを言っていました」と2人の妄想トークをぶっちゃけ、観客の笑いをさらった。

その後、「山崎について気になること」というお題のトークで岡山は、プライベートでもよく遊ぶが、待ち合わせ時間にしょっちゅう遅刻をする山崎に、「俺を待たせてる間、何をしているのか気になります!」と問題提起。1~2時間は平気で遅れてくる上に「明るくて楽しそう」で、一度はカフェに踊りながら来て電球に頭をぶつけ、他のお客さんから不思議がられていたこともあるとか。山崎は「普通に家でダラダラ準備しています」と答えるも、岡山が「うわ~」と渋い顔を見せると、「ウソウソウソ……」と全否定したのち「ウソじゃないホント!」とキッパリ肯定。子供のようなやりとりに会場にはファンの喜ぶ声が溢れた。

本作は、米澤穂信による人気学園ミステリー小説「古典部シリーズ」の初の実写映画化。「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎(山崎)が、姉の命で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部したことで、好奇心の塊のようなお嬢さま・千反田える(広瀬)に巻き込まれ、仲間と共に学園に潜む謎を次々と解き明かしていくさまが描かれる。(取材:錦怜那)

映画『氷菓』は11月3日より全国公開

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今度は広瀬すず! TBS『花より男子』再ドラマ化は来年4月......“F4”候補には竹内涼真、新田真剣佑の名も
秋元康×ハリウッド×AKB48、超豪華コラボが話題を呼んだ『CROW'S BLOOD』がDVD-BOX化!主演は渡辺麻友と宮脇咲良
2018年でいよいよファイナル!「アナとエルサのフローズンファンタジー」【東京ディズニーランド】
「スパイダーマン:ホームカミング」BD/DVD12月発売、3000セット限定BOXも
来年公開の完結編『ちはやふる-結び-』完結編のポスター&映像が公開に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加