【ボート】徳増秀樹がVで地元SG切符ゲット 1号艇の平本真之は痛恨のF

【ボート】徳増秀樹がVで地元SG切符ゲット 1号艇の平本真之は痛恨のF

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

東海地区選を制した徳増秀樹

「東海地区選手権・G1」(15日、とこなめ)

徳増秀樹(43)=静岡・75期・A1=が恵まれで優勝。通算3回目のG1優勝を飾り、賞金450万円を獲得。地元で開催されるSG・クラシック(3月16~21日・浜名湖)の出場権もつかんだ。2着に柳沢一、3着に河村了が入った。人気を集めた平本真之はフライング(F)に散った。

徳増が冷静なレース運びで波乱の一戦を制した。S展示は612・345の進入だったが、本番は163・245。インの平本が1Mを先制したが痛恨のF。3コースから全速ターンで追走した徳増が2Mで先頭に躍り出た。

これが通算3回目のG1制覇で念願の東海チャンプの称号を手に入れた。優勝の喜びはもちろん、意識していた地元のSG・クラシック出場権をつかんだことも「まだ実感はない」という。それでも「地区選は(出場権獲りの)ラストチャンスだったけど、いい意味で肩に力を入れず、気持ちに余裕があったから勝てたと思う」と振り返った。

平和島周年で予選突破、徳山周年で優出とG1で完全に波に乗り、そして今回の地区選V。最高の流れを今後につなげて地元SGまで持ち込む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
河相我聞のラーメン店が閉店していた「とんでもない理由」
「萎えるのは君のせいだよ」――“セックスしない嫌がらせ”に耐える「レスハラ」の実情とは
青学受験の田村淳、入試結果を発表
羽生結弦、「ぶっつけ本番」で優勝の裏に知られざる「秘密」...説明不可能な事態
「羽生君より大物かも」 宇野昌磨「失敗した時点で笑いが込み上げてきた」...天然発言連発にネット興奮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加