京口紘人 V2戦は無敗対決 “パッキャオ魂”継承19歳のパラス

京口紘人 V2戦は無敗対決 “パッキャオ魂”継承19歳のパラス

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/24

◇IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 王者・京口紘人≪12回戦≫IBFライトフライ級15位 ビンス・パラス(2018年5月20日 大田区体育館)

No image

招へいしたメキシコ人パートナーとスパーリングを行う京口(左)

2度目の防衛戦に臨むIBF世界ミニマム級王者・京口の対戦相手はビンス・パラスに決定した。23日にワタナベジムが発表した。

19歳のパラスは13戦13勝11KOとフィリピン期待の新鋭。ライトフライ級ではWBA、WBC、IBFで世界ランク入りしており、転級申請済みのIBFでは次回の発表でミニマム級でもランクインする見込みという。

今回の対戦は井上孝志トレーナーがパラスのトレーナーであるベニー・デラペナ氏と親交があることから実現した。井上トレーナーによると、パラスは幼少期に元6階級制覇王者マニー・パッキャオに会った際に「病気の父を助けてください」とお願い。治療費や借金を肩代わりしてもらったことでプロボクサーを志した“パッキャオ魂”を受け継ぐ男だ。京口も「日本にはいないハングリー精神を持った選手」と警戒する。京口が中学1年時にはデラペナ氏も同じジムに在籍。「何度かミット打ちを受けてもらった」。その愛弟子パラスには2年前に映像を見て「いずれ手を合わす気がしていた」と縁を感じている。

24歳の京口にとって年下の選手の挑戦を受けるのは初めて。無敗の選手との対戦も初めてだが、「無敗同士、スリリングな展開になると思う。王者らしい試合をしたいし、KOにもこだわる」と自信を見せた。この日はメキシコ人相手に5回のスパーリングを実施。相手も決まり、その拳にも気合が乗ってきた。 (大内 辰祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京口紘人が判定でV2 人生初のダウンに「油断したらダメ」
レックス・ルーガー 裏切りの“トータル・パッケージ”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第80話>
田口良一の再戦準備続行へ渡辺会長「交渉する」
WBOアジア太平洋王者の向井寛史が結婚披露宴 村田諒太も祝福
田口世界戦で異例のダウン巡るミスジャッジ。王座陥落に影響は?陣営抗議へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加