「ちょこくんとおなかの娘」#うちの猫ちょこくんシリーズ

「ちょこくんとおなかの娘」#うちの猫ちょこくんシリーズ

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2018/06/14
No image

我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。

結婚後ほどなく妊娠した私はひどいつわりに苦しんでいました。

毎日ベッドに横になる日々。かろうじて水分はとれたので入院は免れましたが、妊娠判明時から安定期に入る頃まで24時間船酔い状態のつわりは続きました。

ちょこくんは毎日毎日ベッドで横になる私を心配したのか、定期的に私の顔の近くに来てのぞき込んでくれました。

一人目の妊娠、全然食べられなくて心細い日々でしたが、ちょこくんがそばにいてくれて精神的にずいぶん助けられました。

No image

臭いに反応して吐いてしまうのでちょこくんのおトイレの片づけとごはんはマスクを2重にして息をとめて頑張っていましたが……。

その後安定期に入りようやく体調が落ち着き、お腹が目立ってきたころちょこくんの行動に変化が。

No image

私がソファに座ると、ちょこくんが横にきて、ときどき自分の尻尾を私の大きいお腹に向かって振ってくれるのです。

No image

まるでお腹を撫でてくれているような気がしました。ちょこくんはお腹に赤ちゃんがいるって分かっていたんだなと

今でも思っています。

文・木村亜希 イラスト・んぎまむ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
養鶏業者がゴミ処理場に腐っていたはずの大量の卵を捨てたところ、ほとんどが孵化してしまうハプニング(ジョージア)
妊婦を守ってきたチワワが赤ちゃんと初対面(動画)
実は愛犬が喜んでいない4つの意外な行為
顔だけじゃなくそのなつきっぷりまで。空飛ぶ子犬かよ!ってくらいコウモリの犬化が著しい件に関して(オーストラリア)
釣りを楽しんでいた男性たちの背後に海のギャング。シャチとのスリリングな追いかけっこ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加