最新ランキングをチェックしよう
道路のチョークの印、昔は駐禁いまは...? 京都府宇治市の画期的な取り組みとは

道路のチョークの印、昔は駐禁いまは...? 京都府宇治市の画期的な取り組みとは

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/09/28

チョークでチェック、一定時間後に取り締まり かつて警察による駐車違反の取り締まりの際には、タイヤから路面にかけてチョークで目印の線が引かれ、その目印をつけた時間が書き添えられるといったことが行われていました。一定時間を経過してクルマが動いていないようならば、駐車違反であることを示す黄色い標章が取り付けられる、という手順を踏んでいたのです。放置車両に掲出される黄色い標章のイメージ(画像:Payles

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
覚醒剤の「素」の液体隠し持っていた疑いで男逮捕、国内で初摘発
“神がかり”センター試験満点の日比谷高・現役生 サッカー部で...
結局「働き方改革」で何がどう変わり我々の仕事はどうなるのか?
敷地外でタバコ吸ったら45分は立入禁止 北陸先端大のルールに「いい取り組み」vs「意味がわからない」
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
  • このエントリーをはてなブックマークに追加