マンCが敵地でもボール支配率69%と圧倒! 円熟の“ペップ流”でCL16強バーゼルに4-0先勝

マンCが敵地でもボール支配率69%と圧倒! 円熟の“ペップ流”でCL16強バーゼルに4-0先勝

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/02/14
No image

ギュンドアンの2ゴールなどで快勝、ベスト8進出をほぼ手中に収める

プレミアリーグで圧倒的な強さを見せるマンチェスター・シティが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント初戦でもその破壊力を見せつけた。現地時間13日に行われたバーゼル(スイス)との第1戦で、MFイルカイ・ギュンドアンの2ゴールなどで4-0と快勝した。

シティは今季プレミアで27試合を戦いわずか1敗、総得点79と圧倒的な強さを見せているが、欧州の舞台でもそれは変わらなかった。前半14分に左CKをMFケビン・デ・ブライネが蹴り込むと、ニアにいたギュンドアンが頭で合わせて先制に成功した。

シティはこの4分後、MFラヒーム・スターリングの抜け出しからのクロスに、MFベルナウド・シルバがボールコントロールしてからのボレーであっさりと追加点をゲット。そして23分にはルーズボールを拾ったFWセルヒオ・アグエロがペナルティーエリア手前で迷うことなく右足を振り抜くと、地を這うシュートがゴール左へと収まり3-0。前半だけで試合をほぼ決めた。

後半に入って以降もシティ優位の時間帯が続くなか、同8分にはペナルティーエリア左手前でボールを受けたギュンドアンが、相手DFを巧みにかわしてシュートを放つ。鮮やかな弧を描いたシュートはゴール右上に収まり、決定的な4点目を奪った。

バーゼルの戦意を奪ったシティは、その後も試合の流れを完全に掌握。UEFA公式サイトのデータによると、シティの支配率は69%と敵地ながらバーゼルを圧倒しており、“ペップ・スタイル”の円熟を感じさせる。クラブにとって悲願の欧州制覇へ、まずは準々決勝進出をほぼ手中にしたと言っていいだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平奈緒に敗れた韓国の李相花、試合当日に睡眠を妨害されていた?韓国で波紋広がる
いちごで当たり!目が離せない「もぐもぐタイム」
加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
カーリング女子日本のおやつタイムが「かわいすぎ」 試合途中の映像に釘付けになる人続出

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加