【焼肉】この値段で“A5和牛食べ放題”!? 超コスパすぎて不安になる「たなか畜産」が肉好きの天国だった

【焼肉】この値段で“A5和牛食べ放題”!? 超コスパすぎて不安になる「たなか畜産」が肉好きの天国だった

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2017/09/26
No image

これがこの日の「本日のおすすめ」。写真は二人前。

この店大丈夫なんだろうか…? 思わず心配になるひと皿

焼肉食べ放題が4000円と聞きつけ、喜び勇んで「たなか畜産 東十条店」へ向かった。
ところが、あるべきものがどこにもない。そう、肉がどこにも置いてないのだ。

【写真】【信じられん】驚愕の肉質!フォトギャラリーでもっとよく見る

入口付近にライスなどが入った電子ジャーやソフトドリンクが置かれているものの、肉の姿がどこにもない。昔入った焼肉食べ放題の店には、肉はもちろん、野菜やデザートまでもが壁際の冷蔵庫にど~~んと並んでいた。

それが焼肉食べ放題の店の正しい姿だ、と長年理解していた。この店、焼肉の食べ放題なんだよね? 少し心配になっていると、大皿がテーブルに届いた。

「本日のおすすめは、三角バラです」とホール担当が説明してくれた。どうみてもこの盛り付けは、焼肉食べ放題のそれではない。

30cm以上はあろうかという肉が野菜といっしょにきれいに皿に盛られ、タレだけでなく、ゴマもかかっている。まるで六本木あたりの高級焼肉屋。

焼肉食べ放題の店は容器の中から、夏草や兵どもが夢の跡的な、とっちらかった肉を各自が好き勝手に取ってくるものだと思っていた。

「うちでは切りたてを提供させていただいています。本日のおすすめの一品も切りたてです。これを食べていただいてから食べ放題がスタートします」

もちろん、食べ放題の肉も注文後、ブロックから切り分けてくれるというのだ。

それだけで驚いてはいけません。三角バラには、サシがきれいに入っているではありませんか。A4は当たり前。A5等級の肉がばんばん出てくるというのだ。

焼肉食べ放題といえば、サシとは無縁の、それこそ噛みごたえのある固い肉を提供するものだと思っていた。サシが入った肉を食べ放題の店で出そうものなら、経営が傾き、すぐに閉店。

この店大丈夫なんだろうか? 他人事ながら心配になってきた。

この値段ではありえない肉質、その秘密とは

「熊本の天草で天草黒毛和牛を家族で飼育する会社が経営しているので、A5の肉を提供させていただいています」

いまどき、4000円でA5の肉を食べ放題で出してくれる、そんな美味しい話には裏があるに違いない。根掘り葉掘り聞き出した結果、いろいろなことがわかった。

天草でも焼肉屋を営んでいるのだが、その店では最上級の肉だけを供している。当然、店で提供しないA5の肉が出る。「その肉を美味しく、廉価で食べてもらいたい」という気持ちで、この食べ放題の店をオープンしたというのだ。

天草空港からクルマで10分ほどの山の中で天草黒毛和牛を500頭以上大切に育てている。

愛情込めて育てた牛に、最後の花道を飾らせてあげたい。そんな社長の思いもあり、1品目をきれいに盛り付けて出すことにしたのだそうだ。

サシが入り、とろけるような三角バラを食べ終え、食べ放題の肉をオーダーすることにした。

壁に肉のメニューが掛かっている。その中から和牛カルビ、熟成肉、和牛まるチョウを頼んだ。どれをお願いしても1人前4枚程度が皿に盛られてくる。もちろん切りたて。

熟成牛はほぼ日替わりで、今日はもも肉。肉はそれぞれ味付けが異なる。

まるチョウのようなホルモンはあっさりと塩タレで。流石、黒毛和牛のホルモンである。脂が甘くて旨い。しかも脂がくどくない。

カルビはタレ。サシがしっかりと入っているので少量のタレで焼いて食べる。やっぱり焼肉はカルビに限る。

熟成肉は肉の味をしっかりと楽しんでもらいたいという理由でタレなし。塩か、お好みでワサビで賞味する。せっかくなのでワサビを付けてみた。さっぱりとした味わいで旨い。

昔よくお世話になった麻布十番の焼肉屋でこれを食べたら、いったいいくら取られるか。想像するだけで恐ろしい。

肉だけで十分元が取れるはずだが、この店では焼肉食べ放題の〆が用意されている。カレーである。

必食! 〆はA5牛たっぷりのカレー&牛丼で

もちろん、ただのカレーではない。寸胴鍋にA5等級の肉を20〜30キロ入れて作った特製カレー。

大きめの肉をとろけるぐらい丁寧に煮込んである。しかもスパイシー。

カレー専門店でも、この贅沢なカレーは出せない。というか無理。これを食べるだけでもこの店に来る価値がある。客の中には、焼いたカルビをカレーライスに載せて賞味する人もいるらしい。わかる、わかる、やりたくなるその気持ち。

ランチでも焼肉食べ放題を実施しているが、ランチメニューもある。牛丼である。

言わずもがな肉はA5。甘辛く煮た天草黒毛和牛の牛丼がスープ付きで500円。9月中旬からスタートしたばかりの新メニュー。トロントロンで、脂が甘い牛丼は、あの店の牛丼とは異次元の、超高級料理。

カレーも食べたいし、牛丼も食べてみたい。そんな「うまい肉党」の貴殿に吉報。500円で牛丼を注文し、プラス500円で黒毛和牛カレーのバイキングを付けることができる。

昼間から焼肉食べ放題を頼む勇気も時間もない貴兄には、牛丼代にプラス500円で肉を一皿注文できる、オプションをすすめます。

その他、1000円と2000円で焼肉が食べられるランチもある。※仕込みの都合で、食べ放題に登場するカレーが牛丼になるときもある。

毎月29日は「肉の日」と銘打ち、大赤字覚悟のイベントを実施している。次回9月29日(金)は、2900円でA5とA4のロースの食べ放題を開催する。ただし、毎回イベントの内容と価格は異なるので要注意。

いずれにせよ、4000円以下で天草黒毛和牛を提供するので、うまい肉党には目が離せないイベントであることは間違いない。

焼肉食べ放題の常識をくつがえされました。いい意味でだまされました。

【たなか畜産東十条店】
東京都北区中十条3-17-2 第76東京ビル3階
03-5948-6540
11時~14時(LO13時半)、17時~23時(LO22時半)
ただし、土・日・祝日は11時~23時(LO22時半)
無休

【写真】【信じられん】驚愕の肉質!フォトギャラリーでもっとよく見る

(うまい肉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲庭うどん、ツルツルの乾麺と香りの生麺どっちが好き?
新大阪駅周辺で美味しい肉料理ランチが食べられるお店8選
表参道でおすすめのおしゃれなイタリアンランチ8選
原宿で話題沸騰中!インスタ映えするかわいいスイーツ8選♡
サンドウィッチとスイーツが35種!ニューオータニで行列必至のビュッフェ開催

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加