チュート徳井 鬼の大松に いだてん「東洋の魔女」で“視聴率ついてこい!?”

チュート徳井 鬼の大松に いだてん「東洋の魔女」で“視聴率ついてこい!?”

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/24
No image

チュートリアル・徳井義実

NHKは22日、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に浅野忠信(45)、チュートリアルの徳井義実(44)、安藤サクラ(33)が出演することを発表した。

初の大河出演となる徳井は、1964年の東京五輪でバレーボール女子を率いた大松博文監督役。安藤は、“東洋の魔女”といわれた女子バレーの主将・河西昌枝役。浅野は自民党幹事長で、初のオリンピック担当大臣となった川島正次郎役を演じる。

大松監督は実業団「日紡貝塚」を率い、175連勝という大記録を打ち立てた名監督。回転レシーブなども考案し“鬼の大松”と恐れられたほど。代名詞の「おれについてこい!」は流行語にもなった。

中高とバレー部だった徳井は「“鬼の大松”のことは知っていました。『そんな怖いイメージ、俺にはないし…』と一瞬ひるみましたが、すごく光栄なことだと感謝しています。あの日のバレーボール少年に『お前は将来、大松監督をやるんやぞ!』と言ってやりたい」と意気込んだ。

河西主将役の安藤は「東洋の魔女の凄まじい覚悟を感じながら撮影しています。ものすごく楽しいです!」とコメントした。

同作は、今月11日の30話が大河ドラマ史上最低を更新する視聴率5・9%と苦戦。東洋の魔女のアタックがカンフル剤となるか。(視聴率は関東地区。ビデオリサーチ日報調べ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Perfume結成20周年 仲良しの秘訣は「“仲良し”“好き”の根底が変わらないから」
中島健人のツッコミに小島よしおが一言「可愛い顔して結構厳しい!」
吉田明世アナ 初のプロ野球番組ゲストに王貞治氏を熱望...ナイツが実現にヒント
チェルノブイリ観光客が増加 衝撃ドラマのリアルさを識者が熱弁
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加