貴源治、3場所ぶり再十両で初日白星

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/15

「大相撲九州場所初日」(12日、福岡国際センター)

3場所ぶりに十両復帰の貴源治(20)=貴乃花=が矢後(23)=尾車=を寄り切って白星スタートを決めた。左差しから右上手を取ると、左で相手を起こして土俵の外へ追いやった。

大器と期待されながら、新十両で迎えた5月場所は4勝11敗と大きく負け越し、1場所で幕下へ逆戻り。苦い経験を「言い訳になりますが、5月はこれ以上やったら自分の体が動かなくなると分かってやっていた」と反省し、「前回は勝ち越して2ケタ以上と言っていたけど、言っていただけで1日1日をなんとなく過ごしていた。今回は1日1日を力を出しきることを考えています」と気持を引き締める。

ここ数場所は1歳年上で同門の前頭筆頭貴景勝、新小結阿武咲ら近い世代が躍進。当然のように刺激を受けており、「目標はこの位置じゃない。追いつけ追い越せで頑張ります」と目を輝かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビートたけしが目撃した相撲部屋の実状を激白 「大鵬も半端じゃないと言ってた」
日馬富士を取り巻く今の環境
横綱・日馬富士の暴行問題が「派閥争い」に進展! モンゴル力士“一斉廃業”の可能性も!?
ビール瓶暴行の日馬富士“酒乱の先輩”朝青龍からも注意されていた「酒癖」
通称「モンゴル銀行」? 日馬富士がビール瓶暴行の“モンゴル力士会”に、八百長説も......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加