最新ランキングをチェックしよう
42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/12/01

トイレでこっそりゼリーを食べる
昨年初夏、41歳で脳梗塞に倒れた。
幸い一命は取り留め、血圧や血液の状態などを改善維持すれば再発リスクはそれほど高くないというが、左半身に軽度のマヒと、構音障害(呂律障害)、そして高次脳機能障害(以下「高次脳」)という聞きなれない後遺障害が残った。
リハビリを経て比較的短期間で回復したのは、身体や口回りなどフィジカル面のマヒ。ところが一方の高次脳については感情の抑制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『テレフォン人生相談』不倫中の47歳主婦が電話をブチ切り 衝撃展開に「神回」の声
意味がわかると怖い話4選。あなたはすべての謎を解明できるか!?
ほとんどの人が手遅れになってからやっと学ぶことができる5つのこと【ライフハック】
コンビニのバイトは報酬が低すぎる!? 「最低時給でこき使われるのが悲惨」「底辺と見下すな」の声
大人の人間関係、こんな人に要注意-その1-

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加