最新ランキングをチェックしよう
42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/12/01

トイレでこっそりゼリーを食べる
昨年初夏、41歳で脳梗塞に倒れた。
幸い一命は取り留め、血圧や血液の状態などを改善維持すれば再発リスクはそれほど高くないというが、左半身に軽度のマヒと、構音障害(呂律障害)、そして高次脳機能障害(以下「高次脳」)という聞きなれない後遺障害が残った。
リハビリを経て比較的短期間で回復したのは、身体や口回りなどフィジカル面のマヒ。ところが一方の高次脳については感情の抑制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
年収100万円に転落した人たちの共通点
ギリギリセーフだったんかい!「お尻で世界を幸せに」のお題目でインスタグラムに続々と投稿されているケツだしスタイル「ムーンショット」
犬を「飼う前」と「飼った後」で変わる7つの生活
【泣いた】育児の過酷さを表現したマンガに共感の嵐 / 親と赤ちゃんの関係を「恋人同士」に置き換えるとこうなる
「よその子にオモチャを貸さなくてもいい」と教える母親の意見に賛同続々「その通り」「“貸してあげない = 悪い子” という訳ではない」など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加