最新ランキングをチェックしよう
42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/12/01

トイレでこっそりゼリーを食べる
昨年初夏、41歳で脳梗塞に倒れた。
幸い一命は取り留め、血圧や血液の状態などを改善維持すれば再発リスクはそれほど高くないというが、左半身に軽度のマヒと、構音障害(呂律障害)、そして高次脳機能障害(以下「高次脳」)という聞きなれない後遺障害が残った。
リハビリを経て比較的短期間で回復したのは、身体や口回りなどフィジカル面のマヒ。ところが一方の高次脳については感情の抑制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自撮りで自爆。隠したつもりがまる見えだったり、よからぬものが写りこんでたり、究極の自分撮影舞台裏
高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎると話題
「正直イラっとする」勘違いインスタグラマーあるある痛い投稿5つ
【検証】保育園が見つからないから「在宅勤務」したらこうなった → リモートワークのメリットと限界について
常識なさすぎ!夕食を招いた「ママ友一家にされた」最低行動3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加