最新ランキングをチェックしよう
42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

42歳「脳が壊れた」ルポライターのその後〜私が障害を受容するまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/12/01

トイレでこっそりゼリーを食べる
昨年初夏、41歳で脳梗塞に倒れた。
幸い一命は取り留め、血圧や血液の状態などを改善維持すれば再発リスクはそれほど高くないというが、左半身に軽度のマヒと、構音障害(呂律障害)、そして高次脳機能障害(以下「高次脳」)という聞きなれない後遺障害が残った。
リハビリを経て比較的短期間で回復したのは、身体や口回りなどフィジカル面のマヒ。ところが一方の高次脳については感情の抑制

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど...どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事
顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
お酒を飲むのをやめると体に生じる7つの利点

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加