【大阪オートメッセ2018】まるで日産「GT-R」のセダン!? ラグジュアリーからスポーツに変身するエアロ登場!!

【大阪オートメッセ2018】まるで日産「GT-R」のセダン!? ラグジュアリーからスポーツに変身するエアロ登場!!

  • autoblog
  • 更新日:2018/02/18
No image

2018年2月10~12日にインテックス大阪でカー&カスタマイズモーターショーの大阪オートメッセ 2018が開催された。

会場では、最新のカスタマイズパーツを装着したデモカーが展示されていたが、まるで日産「GT-R」のセダンのように仕上げたられたカスタマイズカーが登場したのでご紹介しよう。

No image

このモデルは、広島県のエヌパフォーマンスが、新たに正規輸入を開始するATIVUS社のエアロキットを装着した「ティアナ」だ。

「スカイライン GT-R」と言えば、ハコスカにセダンがあったが、その後はR33にセダンがラインナップされた以降クーペスタイルとなっている。

ティアナは、「セフィーロ」の後継モデルで、そのセフィーロはスカイラインの兄弟車ということで、FFではあるが、スカイライン GT-Rとは遠い親戚的なモデルだ。そのせいか、意外とGT-Rフェイスがマッチしている。

No image

ラグジュアリー系なティアナだが、このエアロキットを装着することで、スポーツセダンスタイルに仕上げることが出来るのだ。

エアロキットは、フロントバンパー、エアロボンネット、フロントワイドフェンダー、サイドシルスポイラー、ルーフスポイラー、トランクスポイラー、リアオーバーフェンダー、リアバンパーがセットとなっており、おおよそ70万円程度(工賃・税別)で販売される予定とのことだ。

既にタイで販売されている同モデルでは大型のリアスポイラーが装着されているが、今回輸入されるモデルでは、控えめなトランクスポイラーに変更しているとのこと。

また、今後は今回のデモカーのようにコンピューターやマフラー、車高調、ヘッドライト加工、ルーフラッピング等の提供も予定されている。

このエアロキットは、ベース車両を持ち込んでのコンプリート販売となる予定なので、興味があるティアナはオーナーはご検討を。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イオンモバイルが月額480円でau回線も利用できる格安SIMを発売
楽天携帯、いきなり時代遅れ。設備投資たったの6000億で関係者も失笑
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
オンラインパチンコは合法なのか? 運営元の会社を直撃してみた
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで最大80%以上オフも! JBLのBluetoothスピーカーや軽量・超薄型モバイルバッテリーがお買い得に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加