パレスチナで歴史的和解 10年間の分断解消に期待

パレスチナで歴史的和解 10年間の分断解消に期待

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

分断状態が続くパレスチナ自治区を巡り、ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織「ハマス」と主流派政党「ファタハ」は和解することで合意しました。

中東のパレスチナ自治区では、イスラム原理主義組織「ハマス」と自治政府を主導する「ファタハ」が対立し、分断状態が続いています。2つの組織は12日に和解することで合意し、ハマスが実効支配するガザ地区については、12月1日までに自治政府に引き渡すということです。一方で、ハマスの軍事部門の扱いについては議論が先送りされるなど、課題も残されています。パレスチナ自治区では2007年にハマスがガザ地区を占拠して以来、自治政府との間で対立が続いていて、今回の和解で10年に及ぶ分断解消への期待が高まっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
衆院選前に野党がたった1日で消滅 「まともな国では起きない」と高村薫氏
枝野コール8000人「明日から新しい民主主義のスタートです」
本当に自民圧勝?希望惨敗?立憲躍進?メディア情勢調査の疑問【中田宏・元横浜市長】
「偏向マスコミは日本から出て行け」と罵声が飛び交った安倍首相の秋葉原演説 「トラウマ」は克服?
安倍晋三首相「熱気すごかった」 東京・秋葉原での街頭演説振り返り、若者に投票呼びかけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加