最新ランキングをチェックしよう
10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に

10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に

  • Techinsight
  • 更新日:2018/08/18

米ミシシッピ州在住の女性が、昨年5月に顔面移植手術を受けた。手術当時21歳だったこの女性は、アメリカ国内で最も若い顔面移植患者になったという。『Inside Edition』『The Sun』などが伝えている。
ミシシッピ州オックスフォードに住むケイティー・スタッブルフィールドさん(22歳)は、2014年3月25日に自ら命を絶とうとした。
当時18歳だったケイティーさんは、交際していたボーイフレン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
LimeのスクーターのライダーがワシントンD.C.で今月二人目の死亡事故に遭う
修道女レイプ容疑、ローマ・カトリック教会の司教を逮捕 インド
ドイツの森で勃発した戦争から見えてくる「エネルギー政策の大失敗」
遺体満載で異臭騒ぎのトレーラー、メキシコ各地から行方不明者家族集まる
約2千年前の弥生時代、なぜ凄惨に殺された人骨が大量発掘...国と課税と戦争の誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加