最新ランキングをチェックしよう
10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に

10代で自殺未遂後、顔が損傷した女性 米国で最も若い顔面移植患者に

  • Techinsight
  • 更新日:2018/08/18

米ミシシッピ州在住の女性が、昨年5月に顔面移植手術を受けた。手術当時21歳だったこの女性は、アメリカ国内で最も若い顔面移植患者になったという。『Inside Edition』『The Sun』などが伝えている。
ミシシッピ州オックスフォードに住むケイティー・スタッブルフィールドさん(22歳)は、2014年3月25日に自ら命を絶とうとした。
当時18歳だったケイティーさんは、交際していたボーイフレン

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシアの火薬庫で日本ブーム 北カフカス独自取材1
中米移民2000人超、対米国境に到着 地元民からは冷たい歓迎
【日本初】芸妓・紗月と行く「古都チェンマイ撮影ツアー」タイ国政府観光庁
大学生の男女を誘拐、脅迫して性行為を強制した男 「想像を絶する展開」に衝撃
なぜ中国人は運転中のバス運転手に襲い掛かるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加