韓国国政介入の朴前大統領友人に懲役20年の“爆弾”量刑、しかし韓国ネットからは不満の声

韓国国政介入の朴前大統領友人に懲役20年の“爆弾”量刑、しかし韓国ネットからは不満の声

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/02/13
No image

韓国国政介入の朴前大統領友人に懲役20年の“爆弾”量刑、しかし韓国ネットからは不満の声

13日、韓国の朴槿恵前大統領の親友で国政介入事件の中心人物である崔順実被告に1審で懲役20年、罰金180億ウォンの判決が言い渡された。これについて、韓国・東亜日報は「事実上の終身刑」と伝えている。写真は韓国大統領府。

2018年2月13日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友で国政介入事件の中心人物である崔順実(チェ・スンシル)被告(61)に1審で懲役20年、罰金180億ウォン(約18億円)の判決が言い渡された。これについて、韓国・東亜日報は「事実上の終身刑」と伝えている。

ソウル中央地裁は同日午後、財閥企業から巨額の金銭を受け取ったなどとして収賄の罪などに問われた崔被告に対し、上記の判決を言い渡した。1審の判決通りに刑が確定すれば、1956年生まれの崔被告は84歳まで収監生活を送ることになる。崔被告は昨年、別途で行われた娘チョン・ユラ氏の入試不正事件の2審で懲役3年の判決を受けていた。

崔被告は昨年12月、検察が懲役25年を求刑した際、「獄死せよと言っているようなもの」と強く反発していた。

今回の判決については韓国紙・韓国経済も「爆弾量刑」と表現し、「事実上、殺人罪に相当する重刑だ」と伝えている。

しかし、韓国のネットユーザーからは「全然足りない」「罰金はたったそれだけ?」「当然、無期懲役になると思っていた」「20年なんてあっという間」など不満の声が相次いで寄せられている。また、「最終的な判決なら満足だけど、まだ1審だから心配」「サムスン副会長のように、控訴審では執行猶予が付くかも」「20年でもいい。その代わり特別赦免は絶対ないと約束して」などと懸念する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
軽自動車は精密で可愛らしい「小動物」みたい! しかも日本では「メンツは潰れない」=中国
3年間にわたって凌辱され、すでに妊娠5カ月......中国で、またもや警備員による女児強姦事件が発生
ハングルで「日本外務省」と検索したら...?結果に韓国ネットもびっくり
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
日本のF15Jは中国のJ11に全面的に劣っている―米誌

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加