デベロッパーのセキュリティをサポートするSnykが約165億円調達

デベロッパーのセキュリティをサポートするSnykが約165億円調達

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/01/22
No image

デベロッパーが開発を行う際のセキュリティをサポートするSnykが1月21日、1億5000万ドル(約165億円)の資金調達を発表した。この調達によりバリュエーションは10億ドル(約1100億円)超になったとほのめかした(正確な数字は明らかにしていない)。

本ラウンドはニューヨークの投資会社Stripesがリードし、Coatue、Tiger Global、BoldStart、Trend Forward、Amity、Salesforce Venturesが参加した。Snykの累計調達額は2億5000万ドル(約274億円)を超える。

Snykは開発プロセスでの安全性をしっかりと確保することに主眼を置いている。別のチームに安全確保を任せるとそれまでの開発スピードを緩めてしまうこともあるが、そうではなくコード委託の一環としてセキュリティを構築する。

同社はデベロッパーがGitHubやBitbucket、GitLabまたは他のCI/CDツールにコードを委託する際、オープンソースの脆弱性を見つけやすくするオープンソースツールを提供している。このアプローチを採用する40万人以上のデベロッパーのコミュニティがすでにできている。

Snykはコンテナセキュリティ製品で収益を上げている。オープンソース製品で使える脆弱性データベースの基礎となるものを商品として企業に提供している。

同社が企業向けの商品を展開しようとしていた2019年に取締役となったCEOのPeter McKay(ピーター・マッケイ)氏は、オープンソースプロダクトは売上につながる製品となり、今回のような投資を引きつけたと話す。「この投資ラウンドは、コミュニティからフリーミアムまでオープンソースモデルにおけるモメンタムだった。それがいま我々が置かれている状況だ」とTechCrunchに語った。

同社が自らこの投資を模索していたわけではなく、同社の成長の勢いを見た投資家側から良い提案があった、とマッケイ氏は話す。「投資家たちは『マーケットを生かしたい。あなたが思うように投資できるようにし、我々全員が非常に大きな好機だと信じているものを生かしたい』と語った」とマッケイ氏は述べた。

実際、Snykは2016年の300万ドル(約3億3000万円)のシードラウンド以来、かなりのスピードで資金を調達してきた。2018年にシリーズAで700万ドル(約7億7000万円)、シリーズBで2200万ドル(約24億円)を調達したのに続き、2019年秋にはシリーズCで7000万ドル(約77億円)を調達した。

同社は2019年の売上高は4倍となったとしている(正確な数字は非公表)。そしてGoogle、Intuit、Nordstrom、Salesforceといった大口顧客も獲得した。Salesforceが投資部門のSalesforce Venturesを通じて今回Snykに投資したことは注目に値する。

画像クレジット: laflor / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電源がオフでもOSが起動していなくてもPCを遠隔操作できる「IPMI」を使ってみた
新型コロナウイルスの検査、18日から1日3000件以上可能に
日本の公道で乗れる!日本製電動スクーター「X-SCOOTER LOM」で超快適移動
Google Pixel 5 XLのプロトタイプとされるリーク画像が登場
身近に迫る感染、全国で相次ぐ“感染ルート不明”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加