通が選んだネーミングだけで飲みたくなる日本酒5選

通が選んだネーミングだけで飲みたくなる日本酒5選

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/13

1万種を超えるといわれる日本酒の銘柄。その中には、ウケねらいにでも振り切ったかのように思える、ユーモア感あるネーミングもちらほらあって、日本酒通を楽しませている。

そういった銘柄から、特に印象が強く味わいも優れた逸品を、酒ジャーナリストの葉石かおり氏にピックアップしていただいた。

No image

●『I LOVE SUSHI』(天吹酒造

元禄年間創業の300年の歴史をもつ蔵元が、地元佐賀平野の酒米と脊振山系の伏流水で作り上げた酒で、銘柄が示すとおり、寿司の旨みをうまく引き出すコクが特徴。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み2757円。

葉石氏「魚介類の旨味と、ぴたっと同調するほど良い旨味、酢飯に合う上品な酸味、脂をきれいに流すバツグンのキレが秀逸です。鮨と一緒にいただくと、口の中での一体感が倍増し、お酒も鮨もどちらもすすみます。市販の鮨でもこのお酒と一緒にいただくとレベルがグンとアップしますよ」

No image

『I LOVE SUSHI』

●『川口納豆』(川口納豆)

国内の9割の商品が外国産の大豆を使うなか、国産大豆のみの納豆づくりにこだわる納豆メーカーの有限会社川口納豆がプロデュースしたのが、清酒『川口納豆』。同社が栽培した酒米「美山錦」を、金の井酒造で醸造して誕生した(もちろん納豆が原料ではない―念のため)。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み3240円。

葉石氏「緻密な味の層、ほど良く練れた旨味が舌を包み込みます。派手さはありませんが、穏やかで、非常に落ち着いた酒質で、飲んでいて疲れません。それでいてしっかり飲みごたえもあるので、ビギナーから酒通の方まで全て満足させてくれる一本です」

No image

『川口納豆』

●『うっぷんばらし』(向原酒造)

向原酒造は、明治42年、「我が町にも酒屋を」と造られた町民の地酒蔵で、安芸高田市では唯一の酒蔵。看板銘柄の清酒『向井櫻』は、全国新酒鑑評会金賞を過去に6度も受賞する実力派。他方でユーモアのセンスも持ち合わせ、この『うっぷんばらし』は、その名が面白いことで、居酒屋からの引き合いが多いという。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み2052円。

葉石氏「繊細な和食に寄り添う、上品かつクリアな味わい。冷やすとすっきり、燗にするとほど良い旨味が引き出されます。五味の何かが突出することなく、バランス良く、穏やかな飲み心地で飲む人をホッとさせてくれます」

No image

『うっぷんばらし』

●『射美 吟醸』(杉原酒造

明治25年創業の老舗でありながら、親子二人だけの日本一小さな蔵として知られるのが、岐阜県の杉原酒造。ここが、昔ながらの製法にこだわり抜いて少量だけ生産しているのが、『射美』(いび)ブランド(価格は一升瓶で税込み3800円)。酒米に『揖斐の誉』(いびのほまれ)を使っていることから、ついた名前だが、面白いのはそこではなくて―

葉石氏「注目していただきたいのは、表よりも裏ラベル。そこには卵焼きのストーリーや奥様との出会いのエピソードなど、蔵元の個人的な想いがびっしり詰まっていて、これがいい酒のアテになります。裏ラベルの内容は随時書き換えるそうです。味わいはジューシーの一言。フレッシュ感にあふれたお酒です」

No image

『射美』(表ラベル・裏ラベル)

No image

●『gibier』(無手無冠いずみや

名水百選に選ばれ、「日本最後の清流」ともいわれる四万十川。この流域の山間部に位置し、ジビエ猟が盛んな四万十町の蔵元、無手無冠が監修して生まれたのが、『gibier』(ジビエ)。もちろん、ジビエ料理とベストマッチすることを意図して開発された銘柄である。価格は一升瓶(1800ml)が、税込み2808円。

葉石氏「ジビエに負けない力強さをダイレクトに感じるお酒。ほど良い熟成感、酸味があり、飲んだ瞬間、パンチ力を感じます。燗をつけるとマイルドな味わいに。ジビエの他、噛みごたえのある赤身の肉、ホルモンにも良く合います。ジューシーな酒に飽きた方に飲んで欲しいパワフルな一本」

No image

『gibier』

協力/葉石かおり
一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長、酒ジャーナリスト、エッセイスト。全国の蔵を巡り、各メディアにコラムを寄せるほか、料理と酒の「ペアリング」をテーマに各地で講演。NHK Eテレ「日本酒のいろは」、「日経モーニングプラス」などメディア出演多数。著書・書籍監修も多く、最近は『日本酒マニアックBOOK』や『日本酒のペアリングがよくわかる本』(いずれもシンコーミュージック)の監修に携わる。オフィシャルブログ:美酒らん

No image

画像提供/シンコーミュージック

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サザエさん、波平の“珍行動”にネット騒然!「アホすぎて笑える」
いいものは何でも吸収する!?安くて旨いセブンプレミアムのお手軽グルメ
上海に爆増する無人コンビニ、急成長の裏に日本のノウハウ
専門店も急増!おかゆが今、注目される理由
もはやマグロのミルフィーユ!超ド級な鉄火巻きを口いっぱい味わおう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加