「non・no」モデルの私服に見る、新しい“量産型女子大生”と葛藤

「non・no」モデルの私服に見る、新しい“量産型女子大生”と葛藤

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/08/14
No image

創刊45年を超える老舗女性ファッション誌「non・no」(集英社)。かつては「an・an」(マガジンハウス)のライバル誌という位置付けで、「アンノン族」という言葉まで生まれましたが、現在は“保守的な女子大生雑誌”というイメージ。「1女」「2女」「ハタチ」「ゼミ」「夏合宿」など、“大学生ワード”が散りばめられた表紙から、早くも拒絶されている感を否めない三十路の筆者ですが、意を決して「non・no」ワールドを潜入調査していきます!

<トピックス>
◎ノンノモデルの最強(ハート)夏私服50連発!
◎新木優子&西野七瀬の夏イベ楽しすぎ着回し14days
◎ハタチの恋のリアル

■真夏に「ドクターマーチン」って!?

まずは巻頭特集「ノンノモデルの最強(ハート)夏私服50連発!」を見ていきましょう。ノンノモデルといえば、女優やタレントへの登竜門。かつては、りょうや松雪泰子、近年では菜々緒や佐々木希を輩出しました。また日本テレビアナウンサーの岩本乃蒼も、実は元ノンノモデルで、2010年のオーディションでグランプリを受賞しています。現在は約20名の専属モデルが活動しており、主に表紙を飾るのは本田翼、新川優愛、新木優子、鈴木友菜、西野七瀬(乃木坂46)の5名です。それぞれにドラマや映画、バラエティ番組のMCにアイドル活動など多方面で活躍中の彼女たちは、17年現在の女子大生たちが「マネしたくなる」ファッションアイコンなのでしょう。

さっそく私服コーデをチェックしていくと、流行とはいえ、ワイドパンツ率100パーセント! 合わせるトップスも、オフショルダーかふんわり袖のカットソーか白Tシャツで、もちろんパンツにイン! バッグはミニショルダー、小物は大きめのアクセサリーやベースボールキャップ、そしてビビッドカラーを差し色として取り入れるところまで同じです。さらに、このクソ暑い中、なぜかドクターマーチンやエンジニアブーツを履いている人が続出しています。

3~4年ほど前、「量産型女子大生」という言葉が、流行の女子大生ファッションを揶揄する言葉として使われました。パステルカラーに、リボンやフリル使いなど、甘くて可愛い(ちょっと野暮ったいコンサバファッションとも言う)雰囲気だった、当時流行の女子大生ファッションは、集団になった時のインパクトが大きく、皆が同じ格好をしているように見えました。しかし現在の女子大生は、皆が同じ格好をしていても、パッと見では、そのように見えません。というのも、今回の私服コーデにおいても、実は「古着」を活用している子が多く、Tシャツの柄や裾のデザインなど「レトロな雰囲気」のアイテムと流行アイテムをミックスさせているんです。またミニショルダーも「他の人とカブらないデザインが魅力」と丸型を選んだり、人気のドクターマーチンに至っては「シューレースがない10ホールブーツ」「ネイビー」「パテント素材」とそれぞれ個性をアピールしていました。

もしかすると、女子大生たちの“周りから浮きたくない”という学校生活を送る上での保守的な気持ちと、“だけど「量産型女子大生=ダサい」とは言わせない!”という気持ちが結集し、ここ数年で女子大生のオシャレレベルがグッとアップしたのかもしれません。

続いて、ストーリー仕立ての着回し企画「新木優子&西野七瀬の夏イベ楽しすぎ着回し14days」を見ていきましょう。「大人見えカジュアル優子」は、「沖縄の友人宅(庭付き)」で夏休みを過ごします。ざっとストーリーを追ってみましょう。

「おしゃれなカフェで見かけた窓際の男の子(本を読むメガネ男子)からなんだか目が離せなくて」「頭の中は彼のことばかり」になってしまう優子。そんなある日、彼が「うちの畑で採れたゴーヤを持ってきました」と友人宅にやって来ます。「なんと友達の幼なじみ」だったみたい! 「メガネ男子」と「ゴーヤ」がうまくつながりませんが、「とんとん拍子で話が進んで」、「ドライブ」「浜辺を散歩」「キャンプ」を「みんなで」楽しみます。途中、2人きりで「なんだかいい感じ」になったりしつつ、最終日。「連絡先さえ聞け」なかったことを後悔していたら、「彼からまさかの電話!」。彼が東京に観光に遊び来ることになり「また会える(ハート)」と、優子はときめく――(完)。もしこれが友人からの“一夏の恋”の報告だったら、「で?」としか感想が出てきません。今どき小学生でも、もっと積極的にアピールするのでは? と思うほど主人公は受け身です。

一方「華やかフェミニン七瀬」のストーリーを見てみましょう。「友達と水遊び」「友達とサイクリング」「ママと買い物」「地元仲間とBBQ」と、どうやら彼氏はいない様子。そんなある日「地元(大阪)でのロックフェス」に参戦したところ、「大好きなロックバンドのボーカルの彼と目が合った気がするー!」とのこと。そこから七瀬の「報われるはずのない恋」が始まります。「ファンレターを書こうかな」と悩んだせいで寝不足。なぜか「お菓子作りでストレス発散」。ところが事態は急展開! 旅行で東京に遊びに行くと「風に飛ばされた帽子を拾ってくれたのは、あのロックバンドのボーカル!? 夢みたい!」と浮かれるものの、ありがちなシンデレラストーリーが始まるわけではなく、「あの彼の結婚記者会見」で幕を閉じます。またしても「で?」な展開です。

もしかすると乃木坂46の西野は恋愛禁止のため、リアルな恋愛ストーリーはNGだったのかなとも邪推したのですが、その後にある企画「優華が着回すプチプラ20days」においても同様で、恋に恋する片想いストーリーが展開されていました。いくら「non・no」が保守的な女子大生をターゲットにしているからといって、夢見がちどころか恋愛の入口にも立っていないなんてことがありえるのでしょうか……?

そんな疑問を解決するためにピッタリの企画がありました! 7,610人の読者にアンケートを取った「ハタチの恋のリアルまとめ」です。アンケートによると、「ノンノ読者の彼アリ率は約4割」。なーんだ、リアルに彼氏いるんじゃーん! と安心しましたが、「交際経験ナシ」という回答も全体の4分の1ということで、やっぱりノンノ女子は奥手なのかも? そして交際中カップルの半数以上が、クラスメイトやサークル内での“同い年カップル”だそうで、身近なところで相手を見つけているのも受け身体質ゆえでしょう。そして、なんと8割以上が「彼からの告白」で付き合い始めたといい、どうやら「non・no」読者の生きる世界には「草食男子」という言葉は存在しないようです。

また9割以上の読者に結婚願望があり、理想の年齢は「26.1歳」。現在の女性の初婚年齢が「29歳」という事実に鑑みると、“婚活に悩むアラサー女子”たちにケンカを売っている気もします。「今の彼と結婚したい」と考えている読者が6割以上いるようですが、「絶対にその彼氏逃がすなよ!」と老婆心ながら思ってしまいます。

さらにアンケートでは「結婚後の理想の働き方」についても聞いており、不景気ゆえか専業主婦志向は少ないものの、半数以上が「家庭を優先しながら働きたい」と答えています。もちろんこれらは現段階での希望であって、社会に出ていない女子大生の理想。しかし告白はもちろん、デート代についても「彼が多めに支払う」カップルが半数を超えており、オシャレのレベルはアップしても、恋愛や結婚観については受け身な旧世代の価値観のままアップデートされていないノンノ女子像が浮かび上がりました。
(橘まり子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イク演技に気付いてしまった時の男性の反応とは?怖いけれど知りたい...
経験者の本音!バツ女性の「結婚中にやっておくべきだった...」4つ
キャーッ見たくなかった...偶然見つけた「彼氏のエッチな秘密」4個
「アソコを舐めない男」とは別れよう!「舐める男」を見分ける方法
ワーストだヨ!今まで体験した「史上最悪なエッチ体験」5つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加