早稲田佐賀初星ならず 安在3回2/3 4失点「来年勝ちたい」

早稲田佐賀初星ならず 安在3回2/3 4失点「来年勝ちたい」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

7回無死一、二塁、左前適時打を放つ鈴木4回、失点し肩を落とす先発の安在

No image

九州ダービーは聖心ウルスラ学園に軍配-。どちらが勝っても春夏通じて甲子園初勝利だった初戦の九州対決で、12年ぶり2回目の出場の聖心ウルスラ学園(宮崎)が、初出場の早稲田佐賀を5-2で破った。聖心ウルスラ学園の2年生エース戸郷翔征は5回1死までノーヒットピッチング。毎回の11三振を奪い、2失点(自責1)で完投した。打線も全員安打となる10安打で戸郷を援護した。早稲田佐賀は5点を追う7回、8番の鈴木隆太(3年)の左前適時打など4連打で2点を返したが反撃は及ばなかった。聖心ウルスラ学園は2回戦で聖光学院(福島)と対戦する。

■7回反撃4連打2点

わずか1時間50分の試合でも、佐賀の「WASEDA」が甲子園に大きな一歩をしるした。「最初はワンサイドになるかと思ったが、チャンスが来ると信じてよくやってくれた」。早稲田佐賀の古賀監督は、後半に意地を見せた選手を褒めた。

5回1死まで無安打に抑えられ、5点差を追う展開にもナインは諦めなかった。7回、先頭からの2連打で無死一、二塁とすると、8番鈴木がバスターで左前適時打。チーム初得点を挙げた。鈴木は5回にも投手への内野安打でチーム初安打を記録。「(4回に二塁の守りで併殺が取れず)自分のミスで点を取られたので取り返したかった。無我夢中だった」と胸を張った。

初勝利は挙げられなかったが、甲子園に初めて早大と同じ校歌「都の西北」が流れた。早大の鎌田総長も駆けつけ、アルプススタンドから応援歌「紺碧(こんぺき)の空」の大合唱が選手を勇気づけた。スタンドと選手が一体となって初勝利をつかみにいった。「バックネット裏からも拍手をもらった。すごく盛り上がって、甲子園でやれてうれしかった」と鈴木は夢舞台を振り返る。

■次は「都の西北」歌う

次の目標は「都の西北」をみんなで歌うことだ。先発で4回途中に降板した左腕の安在は2年生。悔し涙を浮かべながら「体が大きくならなければ全国で戦えない。来年甲子園で勝ちたい」と誓った。初めての夏の終わりは、来年への始まりでもある。 (前田泰子)

=2017/08/11付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
緒方監督4度目サヨナラ勝ち「すごい試合」一問一答
  • このエントリーをはてなブックマークに追加