強豪校激突!智弁和歌山、6点差大逆転で興南倒した 冨田同点弾「最高です」

強豪校激突!智弁和歌山、6点差大逆転で興南倒した 冨田同点弾「最高です」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

第99回全国高校野球選手権大会第4日(11日、甲子園)智弁和歌山(和歌山)は興南(沖縄)に0-6から逆転勝ち。冨田泰生外野手(2年)が同点2ランなど4打数4安打3打点の大活躍で、高嶋仁監督(71)に6年ぶりに甲子園最多記録を更新する通算64勝目をプレゼントした。広陵(広島)はプロ注目の中村奨成捕手(3年)が2本塁打の活躍で、中京大中京(愛知)に10-6で勝利。夏は1931年以来86年ぶり2度目となった名門対決でリベンジを果たした。秀岳館(熊本)は横浜(神奈川)に6-4で勝利し、2回戦に駒を進めた。

絶体絶命の窮地から、代名詞ともいえる猛打が爆発した。智弁和歌山が6点差をひっくり返して大逆転勝利。値千金の同点2ランを放った冨田がお立ち台で声を弾ませた。

「最高です! 振り抜こうと思っていて、いいところに飛んでくれてよかったです」

三回に6点を先行された。しかし高嶋仁監督は「1点ずつ確実に取っていけば九回に同点、延長で勝てる」。そして、監督の言葉以上のスピードで反撃が始まった。

四回に2点を返し、迎えた五回だ。まず無死一塁から林晃汰内野手(2年)が中越えに一発を放ち2点差に迫ると、その後二死一塁で冨田が打席へ。「ストレートしか狙っていなかった」と2球目の高め直球を左中間にほうり込んだ。同点に追いついて流れは完全に智弁和歌山。六回に逆転し、終わってみれば13安打9得点。冨田は4打数4安打3打点と大暴れだった。

2年生コンビが1イニングでホームラン競演。冨田は「仲がいいけど、いいライバル。負けてられないと思った」と、林に触発されて力を発揮した。ともに2000年生まれ。智弁和歌山が最後に全国制覇した年で、大会最多の11本塁打や100安打など猛打の智弁和歌山を印象づけた大会だ。「そのことはあまりわからないけど」と話したが、「自分も優勝したい」と力強く話した。

「強打のチームでどれだけ通用するかチャレンジしたかった」と打線に魅せられて入学し、強豪私学ながら学校の方針で野球部の寮がない智弁和歌山に、大阪・堺市内の自宅から1時間45分かけて通学している。レギュラーの座をつかみ、初めて踏み入れた聖地で思いは結実した。

2回戦の相手は王者・大阪桐蔭。春の近畿大会1回戦で敗れただけに「リベンジしたい」と力を込めた。優勝した年に生まれた縁起のいいミレニアム世代が、再び歓喜をもたらす。 (大石豊佳)

2-6の五回に反撃ムードを高める2ランを放った智弁和歌山・林晃汰内野手(2年)「あそこで1本打てたのは大きかった。甲子園のホームランは今までのものとは違う」

★6年ぶり初戦白星

智弁和歌山は2011年以来の甲子園勝利。春夏合わせて3度連続初戦で敗れていたが6年ぶりに勝ち、高嶋仁監督は「苦しかった。ホームランがよく出てくれました」と胸をなでおろした。自身の監督通算勝利最多を更新する64勝目となったが、「勝ってないときは『もうあかんのちゃうかな』と思うこともありました」と苦笑いを浮かべた。今年4月にはOBで元阪神捕手の中谷仁氏がコーチに就任。先発投手の決定権など大きな役割を果たしている。

★中谷コーチ感慨

1997年夏に智弁和歌山が優勝したときの主将で、98年に阪神にD1位で入団し、楽天、巨人でもプレーしたあと今年4月に就任した中谷仁コーチは「満員って幸せですよね。僕の時代はがらがらだった」と周囲を笑わせた。普段はバッテリーの指導やノッカーとしてチームにかかわり、この日はスタンドから応援。「あのビハインドをはね返すのは大したもの」と後輩の頑張りに目を細めていた。

データBOX

◎…甲子園の最大差逆転勝利は過去2度ある8点差。2014年夏に大垣日大(岐阜)が藤代(茨城)に0-8から逆転し、12-10で勝利した。1997年夏には市船橋(千葉)が文徳(熊本)に一時1-9とされたが、17-10で逆転勝ちした。智弁和歌山は2006年夏に帝京(東京)に8-2から8-12と一時6点差を逆転されるも、再逆転して13-12で激闘を制したこともある

冨田 泰生(とみた・たいせい)

外野手。2000(平成12)年4月2日生まれ、17歳。大阪府出身。小2で大阪泉州ボーイズで野球を始め、6年時には投手兼捕手で全国制覇。中学は大阪南海ボーイズで投手と外野手。智弁和歌山では1年秋の新人戦から左翼のレギュラーで一時5番も任された。2歳上の兄・将生(しょうせい)も福井工大福井で昨年の選抜大会に出場した。1メートル74、78キロ。右投げ右打ち。50メートル6秒7、遠投100メートル。

No image

五回、左中間へ同点2ランを放った冨田。4安打3打点で逆転劇の主役になった(撮影・須谷友郁)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤井四段、最大派閥への連勝「7」に フィーバー再燃の予感
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加