試合中に引き分けの“密約”!? ファルカオのペルー戦での行動を巡り、憶測がヒートアップ

試合中に引き分けの“密約”!? ファルカオのペルー戦での行動を巡り、憶測がヒートアップ

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/12
No image

1-1に終わったペルー対コロンビア戦、ファルカオは相手選手に話しかけていたが…

ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の最終節、ペルー対コロンビアは1-1で引き分けた。ともに勝ち点1を積み上げた両者は、4位コロンビアが本大会出場決定、5位ペルーが大陸間プレーオフへの出場権を手にした。そうしたなか、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(モナコ)が試合中に見せた“ある行動”を巡り、様々な憶測を呼んでいる。ペルーのテレビ局「パナメリカーナ・テレビジョン」が報じた。

試合は後半11分にコロンビアがMFハメス・ロドリゲスのゴールで先制したが、同31分にペルーのMFパオロ・ゲレーロが鮮やかな直接FKを叩き込み、1-1の同点となった。他会場の結果によって本大会出場、大陸間プレーオフ、予選敗退の3つの結末を迎える可能性があった一戦は、そのままタイムアップ。勝ち点1を分け合い、コロンビアは4位で本大会出場、ペルーは5位でニュージーランド(オセアニア代表)との大陸間プレーオフに回ることが決定した。

しかし、ペルーのテレビ局「パナメリカーナ・テレビジョン」は、コロンビアのファルカオが試合終盤、口元を手で隠しながらペルーの相手選手に話しかけるシーンの映像とともに、ペルーのDFレナト・タピア(フェイエノールト)のコメントを紹介している。

「最後の5分間、コロンビアの選手たちが我々に持ちかけてきた。彼らは他の試合の状況を知っていたんだ。だから、我々に必要な試合結果にしようと。ラダメルは僕に『どちらにとっても良い状態だ』と言ってきた。しかし、これはフットボール。我々は勝つためにプレーした」

ソラーノコーチは「憶測に過ぎない」と否定

突如として、引き分けの“密約”を持ちかけた疑惑が浮上したわけだが、同局はペルーのコーチを務めるノルベルト・ソラーノ氏が、地元ラジオ局の「RPPラジオ」に対してそういった見方を否定していることも伝えている。

「我々は勝つ必要があったし、彼らも同じだ。 どんな“協定”だい? それは推測に過ぎない」

一方のファルカオも、「我々は他の試合で何が起きているのか知っていた。他の結果を知っていたので、あの時は相手にも伝えようとしたんだ」と語っているという。

事の真相は本人たちのみぞ知るが、ファルカオの行動は様々な憶測を呼んでいる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムヒタリアンは香川と同じ道をたどる!? 英紙が懸念「シンジと全ての面が似ている」
レスターがシェイクスピア監督を解任! 岡崎慎司に影響は?
「父は真のレジェンド 僕もきっとF1レーサに」ミック・シューマッハは甘いマスクの18歳
マンC、ナポリ下し3連勝 Sドネツクは逆転勝ち
レアル ハリーケイン獲得狙う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加