[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.1

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.1

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/10/18
No image

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

ゲキサカでは熱戦展開中の第95回全国高校サッカー選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター陣に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心にジュニアから大学生、Jリーグまで精力的に取材する森田将義氏による11名です。

森田将義氏:「高校年代で最も注目を集める舞台は選手権。この大会を機に名を上げ、日本代表まで駆け上がった選手はこれまで数多くいます。今回は今年観た選手の中から、選手権予選で活躍し、全国でブレークしてほしい選手、飛躍する可能性を秘めた選手を選んでみました。プロ入り選手や世代別代表の経験者は選考から外しましたが、いずれも今度の可能性を秘めた選手であることは確か。今回の選手権予選を機に注目してもらえればと思います」

以下、森田氏が注目する11名

GK武者大夢(北海道大谷室蘭高3年)

「187cmの高さを活かしたクロスボールへの対応に加え、落ち着いたシュートストップも持ち合わせる北の要塞。伊達中学時代は全国準優勝を経験。高校に入ってからは国体に2度出場したが、チームとしての全国出場はなし。ラストチャンスで全国的な知名度を上げることはできるだろうか」

DF志摩奎人(松山工高2年)

「178cmと上背はないが抜群の跳躍力で相手攻撃を跳ね返す2年生CB。高い守備力に加え、左右両足からの正確な展開力も備えており、坂本哲也監督は『四国No.1のCB』と評する。2年連続での選手権出場にかける想いは強く、『全国でいかに勝つかが目標。県で負けるわけにはいかない」と口にする」

DF谷後滉人(神戸弘陵高3年)

「プレミアWESTで奮闘を続ける神戸弘陵の要。本職はボランチながらも、今季は組み立て力とリーダーシップを活かし、CBとしてプレーが続く。競り合いの機会が増えたことで、対人プレーがタフになっており、初めて全国の舞台を経験した昨年よりも存在感を増している」

DF原薗涼(鹿児島実高2年)

「今年に入ってから主力争いに絡む2年生CB。まだ経験不足で、守備対応の甘さも見られるが、『憧れの存在』と話す先輩CB大南拓磨(現磐田)を参考に特訓した跳躍の高さは他にはない大きな武器だ。また、正確な左足キックから放たれる正確な展開も魅力で、今後の飛躍が期待される」

DF渡邊泰基(前橋育英高2年)

「積極的なオーバーラップでチャンスに絡む攻撃型の左SB。ルーキーイヤーだった昨年は1年生で唯一、選手権のメンバー入り。2試合に出場し、『普通では味わえないような良い経験をさせてもらった』。今季は課題として挙げる守備力とキック精度を磨きながら、主力を担う」

MF八田壮一郎(作陽高3年)

「スピードに乗ったドリブルから繰り出すスルーパスで決定機を作るMF。憧れの存在は同校から浦和に進んだ2歳年上のMF伊藤涼太郎。彼と同じく選手権で強烈なインパクトを残すためには、県予選で負けるわけにはいかない」

MF佐野海舟(米子北高1年)

「『他の選手とは違う、気の利いたプレーができる』と城市徳之総監督が評する1年生MF。3列目で見せるボール奪取が魅力で全国総体を機に、スタメンに定着し、8強入りに貢献。『大会を通じて彼が成長したこと大きかった』と指揮官に言わしめた」

MF杉山直宏(大津高3年)

「ヌルヌルという表現がよく合う滑らかなドリブルが売りのレフティーだが、今季は負傷もあり、『まったく動けず苦しかった』。だが、『選手権に向けてここからは上げていくしかない。良いイメージで、良い方向で行きたい』と気持ちを新たにした夏以降はキレを戻し、大暴れの予感が漂う」

MF橘田健人(神村学園高3年)

「2列目からの繰り出す高精度のパスで周囲を活かす九州屈指のプレーメーカーだが、早期敗退となった県総体以降は、有村圭一郎監督から『勝負を決定づける選手になれ』とハッパをかけられことで得点力もアップ。夏以降は『どこ行っても別格だね。選手権に出てきたら注目選手だねと声をかけられる』(有村監督)程の輝きを見せる」

FW大竹将吾(富山一高2年)

「夏以降、急激に存在感を増している2年生FW。入学当初は一番下のチームからのスタートだったが、背後への飛び出し、力強い突破などゴールに向かう姿勢を全面に押し出したプレーで得点を量産。『プロに行くには2年での活躍が大事』と意気込み今年はAチームに上り詰めた」

FW立花健斗(遠野高1年)

「左足から繰り出すトリッキーなプレーが光るファンタジスタで、地元開催となった今年の国体でもセンスの片鱗を披露。すでにチームでも掴んでおり、主将のMF千田夏寅も『ボールが持てるし、負けず嫌いなのか試合になると凄く走れる。1年生だけど、頼もしい存在』と信頼を寄せる」

執筆者紹介:森田将義(もりた・まさよし)

1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこ猶本「アピールしなきゃ」高倉体制で初招集
なでしこ川村「もう1度世界一」DFリーダー名乗り
『NIKE ACADEMY MOST WANTED』のグローバルファイナルが開幕!“好対照な日本代表”の白川恵士朗と西尾翼の出来は?
U19日本アルゼンチンに逆転負け、久保は途中出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加