女形として活躍した中村京紫さん死去、87年に雀右衛門さんに入門

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

歌舞伎俳優、中村京紫氏(なかむら・きょうし、本名松本祥康=まつもと・よしやす)が9日午後0時20分、舌がんのため東京都内の自宅で死去、52歳。福岡県出身。通夜は13日午後6時、葬儀・告別式は14日午前11時から東京・杉並区高円寺南2の2の2、コムウェルホール高円寺で。喪主は兄、松本昭能(あきのり)氏。国立劇場の歌舞伎俳優研修を修了し、87年に四代目中村雀右衛門さんに入門。しっとりした、美しい色気のある女形として活躍した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐川長官、就任会見行わない事情に“グレーな回答”
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏:まずは電力会社のパランスシートから原発を外して国に移す事を検討すべきではな
【報ステ】ポテトサラダ食べた6人から『O157』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加