理想的進化 - 『OYSTER -EP-』 NICO Touches the Walls

理想的進化 - 『OYSTER -EP-』 NICO Touches the Walls

  • rockinon.com
  • 更新日:2017/12/05
No image

デビュー10周年の今年、1年ぶりとなる待望のニューEPが完成した。全5曲、そしてボーナスディスクとして全曲のアコースティックVer.が収録される2枚組仕様。アコースティックVer.もそれぞれ凝ったアレンジで、曲によっては歌詞が変わった変化球もありと、新曲感覚だ。

今年前半は、「Fighting NICO」と銘打ったツアーを行なったNICO Touches the Walls。アニバーサリーイヤーの祝祭感でなく、攻めの姿勢で楽曲を更新し、つねに最新形の、ヒリッヒリのソウルを抱えてツアーを完走した。そのドライヴ感が、今作の曲にも冴えわたる。スピードのあるグルーヴがクールな“mujina”、華やかなピアノがアクセントになったロックンロール“Funny Side Up!”で痺れる興奮を呼び、“bud end”のほろ苦いシティポップは、聴き手をメロウな時間に漬け込んでしまう。日本語のいびつな響きやヘンテコな押韻を巧みに利用し、違和感とキャッチーさがデッドヒートを繰り広げるニコ節もますます進化。耳に心地好く、でもいっぺん頭に入れば否応なく暴れまわる曲で、彼らのニヤリとした顔が浮かぶ。(吉羽さおり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コレサワのビジュアルキャラクター“れ子ちゃん”がコントロールベアとのコラボでぬいぐるみに!
ダンスを交えたDJパフォーマンスを展開!姉妹ユニット、NERVOが会場を盛り上げる!【FANTASIA】
ソニーの「FES Watch U」コラボ続々、タツノコプロ55周年記念コラボも
ミツメ企画「WWMM」にマック・デマルコ、トクマルシューゴ、柴田聡子inFIREら
BTS、EXO、TWICE、Wanna One...2017年最も輝いたのは?世界中のK-POPファンが注目する最大級の授賞式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加