最新ランキングをチェックしよう
平均年収186万円...日本に現れた新たな「下層階級」の実情

平均年収186万円...日本に現れた新たな「下層階級」の実情

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/01/14

平均年収186万円の人々
いま日本の社会は、大きな転換点を迎えている。格差拡大が進むとともに、巨大な下層階級が姿を現わしたからである。その数はおよそ930万人で、就業人口の約15%を占め、急速に拡大しつつある。それは、次のような人々である。
平均年収はわずか186万円で、貧困率は38・7%と高く、とくに女性では、貧困率がほぼ5割に達している。
貧困と隣り合わせだけに、結婚して家族を形成することが難

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「刑務所にいた人に質問、出所しても消えない癖はどんなもの?」元服役囚たちの回答いろいろ
「旦那様の職業なに?」ママ友から聞かれた際の答え方とは
部下が遅刻した理由「犬の寝顔が可愛かったから」 → それを聞いた上司の神対応に驚愕です
モラハラ夫と木村多江の「夜の営み」に絶句 『あなたには帰る家がある』
【100均検証】ダイソーの「お薬手帳ケース」が普通に便利です

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加